【注意!】日焼け止めはファンデーションや下地と混ぜて塗るのはNG

スキンケア

ただでさえ朝は時間がないのに日焼け止めって・・・・

日焼け止めを普段のメイクに1工程追加するのって面倒ですよね。
できれば忙しい朝にはその一手間は省きたいもの・・・

今回は自己流でファンデや下地と日焼け止めを混ぜて使うデメリットについてお伝えします。

日焼け止め+乳液。日焼け止め+ファンデーション 自分で混ぜてもいいの?

乳液や日焼け止め、リキッドファンデを混ぜて一度につける

【崩れた時が悲惨】
時間短縮ができるのはいいのですが、自分で混ぜてしまうと
「製品がアピールしている効果が期待できないばかりか崩れた時がドロドロになってしまう」

ので、できるだけメーカーの推奨する方法を守るようにしましょう。

雑誌で特集されているお手軽情報などを鵜呑みにして自己流でやると

「メリットよりもデメリットのほうが多い」

です。

また、日焼け止めを下地として使うのもダメです。下地は下地。ファンデーションがノリません。

日焼け止めを塗りたいけれど顔にはニキビが・・・

ニキビを悪化させずに日焼け止めを塗りたい。

でも、せっかく治りかけているニキビを悪化させたくないですよね。

日焼け止めはSPF値が高いものはどうしてもニキビが悪化する可能性大。

悪化させないためにはできるだけ日焼け止めを塗らずに外出しないほうがいいのですが
そうも言ってられないのでできる限り肌に優しくて美容効果もあるものを選ぶようにしましょう。

日焼け止め単体じゃなくて、下地やファンデと一体型になっているものが肌に優しくてオススメです。

日焼け止めはファンデーションの上から塗ってもいいの

絶対にダメです。
正しくは

1,洗顔・化粧水・乳液の後

2,日焼け止め

3,下地

4,ファンデ

の順番

ファンデーションの上から日焼け止めを塗ってしまうとひどいことになるし、しかもメイク直しの時大変。

朝一に日焼け止めは必要ない。なんて方は
下地やファンデで含まれているもので
(バーベキューや海水浴に行かない)

日常レベルの紫外線なら日焼け止めをわざわざ前から塗らなくても下地やファンデーションに含まれているもので充分です。

日焼け止めの他に美白効果もある【美容液ファンデ】クリアエステヴェール

↑ちなみにリキッドファンデです。

日焼け止めを塗るのが面倒で
リキッドファンデと日焼け止めを混ぜてのせていたかたにも!

日焼け止め一体型。美白・美容効果の高いリキッドファンデ

いっそ日焼け止めの入ったファンデを使うのが有効

秋冬でも紫外線対策を忘れずに

秋冬のファンデーションはもう決まっていますか?

紫外線は一年中降り注いでいるので秋冬もきっちり対策を!

できれば日焼け止めと一体になっているファンデを選びたい。
しかも、リキッドでかつ保湿効果と美容効果の高いものが最適。

乾燥対策と紫外線対策ができるリキッドファンデがマキアレイベルのクリアエステヴェールです。
しかも崩れにくい!

日焼け止めもしっかり配合されていて
乾燥する冬でもしっかり保湿

長時間つけていても肌荒れしないリキッドファンデーションです。

クリアエステヴェールの特徴

【美容液成分】保湿効果と美容効果が高い
冬の乾燥・肌あれにお悩みの方に是非。とにかく肌にやさしい

【カバー力が高い】崩れにくく長時間つけていれる
オフィスの乾燥なんのその!肌の水分量が逆に上がるというデータも

日常レベルの日焼け止めand 美白効果
冬でもお手軽紫外線対策。SPF35で一年中使える

ご紹介したクリアエステヴェールはこちらから