【カプサイシンの効果】辛いものを食べると本当に痩せることができるのか?

トウガラシ

辛いものを食べると痩せることができるのか?

テレビでも色々とカプサイシンによるダイエットが
話題になっていますが本当に痩せるのでしょうか?

私も実際辛いものが大好きでタイ・ベトナム料理や
バングラディッシュ料理などよく行くのですが…
「ただ食べるだけでは効果は見込めない」
そう思っています。

なぜなら
カプサイシン自体に脂肪を燃やす効果はないから

辛い食べ物は高カロリーな場合が多い

辛いものを食べれば脂肪を燃焼してくれると思っている人は危ない!

唐辛子の入っている料理はどれも日本食よりもカロリーが高い場合が多いです。
辛い料理はその味を中和させるため
砂糖を大量に入れてあったり
そのぶんごはんを食べ過ぎてしまったり

また
食が進むため、通常の日本食よりも高カロリーになってしまう場合も多いです。

辛いものが痩せると思っているのは日本人だけ

海外では辛いものを食べると痩せるなんて常識はない

海外の暑い地方の友人が何人かいますが
みんな
★「唐辛子で痩せるなんてきいたことがない」
★「それだけで痩せるなら私のこのお腹は何?」

などなど辛いもので痩せるとされているのは
日本だけで作られた広告戦略のようですよ。

カプサイシン入りの補正下着wなんてのもあるみたいですが
こんなものつけても絶対に痩せません。
辛いものを食べてゴロゴロしてるだけで
痩せると考えるのは大きな勘違い

カプサイシンに脂肪を燃焼させる効果はない

しかし
有酸素運動とカプサイシンを組み合わせると
効率のいい脂肪燃焼効果が見込めます

カプサイシンは直接脂肪を燃焼させる効果があるわけではありません。
なぜならカプサイシンは食べることで
脂肪を燃焼しやすい環境を
一時的に作り出すアルカロイドを作り出すだけ。

あくまで一時的なもの
なのでこのアルカノイドという物質ができているうちに
有酸素運動をするのが
辛いものを食べて一番効果的なダイエット方法です。

つまり
カプサイシンの含まれている食べ物を摂取した後
運動をすることにより
通常よりも脂肪をエネルギーにかえやすい、ということ

あくまで脂肪燃焼の補助が目的

なので
カプサイシンを含まれた食べ物を食べただけでは
まったくダイエット効果は期待できません。

少なくても軽い運動や半身浴などをしなければ
何の意味もないです。
逆に言えば
辛いモノを食べて運動すると
普通に運動するより脂肪燃焼効果が上がるということ

トータルカロリーと運動消費カロリー
筋肉をふやして 代謝を活発なからだをつくる
この目標がないといくら
辛いもの食べても痩せることはないので注意です。

でもカプサイシンを摂ることによって
色々なメリットも有るのです。

もちろん考えて食べればダイエットの手助けもしてくれますよ。

「こんな悩みに」カプサイシンの3つの効果

辛いもの大好きな管理人が実際に効果を実感していることをお伝えします。

冷えやむくみ対策

「冷えやむくみを改善したい」
カプサイシンはエネルギー代謝を高めて、体温を高め血行を良くしてくれます。
これは結果
冷えやむくみなどの改善につながります。

血流をよくします。なので半身浴の前とかには効果的です。
汗がたくさん出てお肌ツルツルになりますよ。

私は辛いものが大好きなせいで
冷え症とは全く縁のない体です。

新陳代謝が活発になる

「汗をかきやすい体質になりたい」
脂肪燃焼効果というより、新陳代謝がとても活発になる感じです。
汗をかきやすい体質になって
体温調整がやりやすくなります。

よく
半身浴などで汗をかきにくい
と言った悩みをききますが
そんな方はぜひ辛いもの食べてみてください。
食べて数時間は汗をかきやすい体になってるはずですよ。

内蔵脂肪に効果は多少見込める

「生活習慣病を予防したい」
腸内のコレステロールを洗い流してくれる効果も!
内蔵脂肪・中性脂肪・コレステロール値が高い人は
積極的にとるといいかも。

まとめ

カプサイシンそのものには脂肪燃焼効果はないが
摂取した後運動することで
通常の運動よりも効率のいい脂肪燃焼効果が見込める

また、冷え症や汗をかきにくい方は辛いモノを食べることで
より効果を実感できるはず。