顔のバランスを良くするメイクテク~目の位置が高い人編~

083bd0b602aaae795bf7b895a252db42_s

自分の顔にコンプレックスがあると、自信が持てませんよね。
特にパーツの位置となると顔全体の問題なので、一見解消するのが難しいように思えます。

ですが、メイクをちょっと工夫するだけでそんな悩みも解消できるとしたら・・・
一度試してみてみたいですよね。

ここでは、目の位置が高い人向けのメイクテクをご紹介します。
他の人から見ると面長で美人に見える高い位置の目。
でも本人にとってはコンプレックスかもしれません。

もしこの悩みを持っている方がいらっしゃれば、ぜひ試してみてくださいね。

全体を通してのポイントは?

目の位置が高い人のメイクのポイントは大きく分けて2つあります。
それは、縦の長さを強調しないこと横の長さを意識することです。

縦の長さを強調しないためには、アイブロウやチークの位置に気をつけましょう。
またそれぞれのポイントメイクで、少しずつ位置を調整するような工夫をします。

横の長さを出すためには、アイメイクが一番のポイントです。
そして全体を通しては、ポイントメイクの位置を強調しすぎないために、ナチュラルな肌になじむカラーを選ぶといいでしょう。

0001

ベースメイク

目の高さが気になるということは、頬骨が強調されるのが悩みですよね。
そんな場合は、光を強調するようなつやっぽいファンデーションは避けた方がいいでしょう。
どちらかというとマッドタイプのものの方がオススメです。
そしてテカリをおさえるように、パウダーも上手く利用すればいいでしょう。

アイブロウ

眉はやや太く短めに、そして平行に描きましょう。
横長を意識したいところですが、眉は短めにした方が全体的には横を強調することになります。
またアイメイクに合わせて、眉山は目尻に寄せると効果的です。
位置は高くなりすぎないように、目に寄せるように描きましょう。

アイメイク

まずアイシャドウは、位置を強調しすぎないために肌になじむカラーを選びましょう。
上まぶただけでなく下まぶたにもつけるのがポイントです。
下まぶたにつけると違和感を感じる場合は、薄いカラーを目尻側にだけのせるようにすればいいでしょう。

マスカラやつけまつげは目尻を重めにしましょう。
全体は縦に塗るのではなく、外側に向かって流すようにつけましょう。

アイラインは目尻を少し長めに描きます。
この時にアイラインを跳ね上げると、更に目の位置を高く見せてしまうので注意が必要です。

元々のラインをそのまま延長するようなイメージで描きましょう。
また下睫にも忘れずにマスカラを塗るようにしましょう。
この時中心部分は下に向かって、目尻側は外に流すように塗りましょう。
そして涙袋を作るように、目の下にパールやラメの白っぽいアイシャドウをのせましょう。

024587

チーク

チークは通常、笑った時に一番高くなる部分に入れるものです。
ですが、目の位置が高い人にはこの方法は厳禁です。

このチークの位置が最大のポイントと言えるでしょう。
チークは頬骨の下に、横長に入れるようにします。
できるだけ平行に楕円を意識して入れます。

斜めに入れると縦の長さをより強調することになるので注意が必要です。
頬骨の下に入れることで小顔効果も期待できるので一石二鳥です。

リップ

口紅やグロスは唇の位置を強調しすぎないために、肌になじむ目立ちすぎないカラーを選びましょう。
口角を上げるように描くことで、目と口の距離を短く見せることができ、同時に明るい表情にもなります。

また上唇の上側にパールや白など明るい色を足すことで、上唇が厚く見えるようにしましょう。
そうすることで全体のバランスがよくなります。

ハイライト

ハイライトは、白やパールなどを目の外側に目を囲むようにCの形に入れましょう。
その時に注意することは、頬骨にかからないようにすることです。
頬骨にかかると、目の高さを更に強調する原因にもなってしまいます。

また顔全体の長さを短く見せるために、おでこの上の部分と顎の下の部分にダークカラーを足しましょう。

<番外編>髪型

目の高さが気になる方は、ショートはボブがおすすめです。
ポイントはトップにボリュームを出さないこと。

そして髪の長さに関わらず、襟元にくびれを作るような髪型がいいでしょう。
前髪を作るなど、額を強調しない工夫も効果的です。

01

いかがでしたか?

メイクは長い間自分の顔の一部として見慣れてしまっているので、変えるとなるとなかなか勇気がいります。
少し変えると何だか違和感を感じてすぐに元に戻してしまった経験はありませんか?

それはもしかしたら、あなたの思い込みかもしれません。

一度テクニック通りのメイクを全て完成まで試してみてください。
そしてその後鏡から少し離れてじっくりと見てみましょう。
鏡で見るだけではなく、写真をとって今までのメイクと見比べるのもいいでしょう。

冷静に落ち着いて見ると、きっと新しいメイクがしっくりきて、今までのコンプレックスから脱出できると思いますよ。