【お金をかけない美容法 Vol.10】まるでサロン帰り!サラサラ美髪の作り方

20140520181155-53S

美しい髪は女性らしさの証。美容院に行かなくてもサラサラヘアを作るヘアケア方法とは?

サラサラで艶のある美しい髪。髪の毛がキレイだと、それだけで女子力が何倍もアップしますよね。女性らしさの象徴であり、髪は女の命という言葉もあるぐらい、髪の毛は女性にとってとても大切なもの。ヘアサロンでトリートメントをすれば髪は当然綺麗になりますが、今回は自宅でも同じようにサロン帰りのような美髪になれるヘアケア方法をご紹介します。

▼美髪の作り方 その1 毎日の洗い方次第で美髪になれる

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s

髪はほぼ毎日、多い人で一日2回は洗っているのではないでしょうか。その洗い方も人それぞれだと思いますが、実は洗い方を工夫するだけで髪のダメージは格段に変わってきます。何となく洗って、何となく流しているという方は髪の洗い方を見直してみてはいかがでしょう。

 

美髪をつくる髪の毛の洗い方

[美髪を作る髪の毛の洗い方]

1・髪を洗う前に、しっかりとブラッシングを行う
ブラッシングを行うことで髪の毛に着いたホコリや汚れを落とし、髪のキューティクルを整えてくれます。

2・ぬるめのお湯でしっかりと予洗いをする
予洗いとは、ぬるめのお湯で髪の汚れをしっかりと落とすこと。髪だけではなく、頭皮の油分もこの段階でしっかりと流しておきましょう。予洗いでほとんどの汚れは落とすことができます。

3・シャンプーを手に取り少し泡立ててから髪に添付する
シャンプーをそのまま地肌につけると洗浄力で油分が落ちすぎてしまうことがあります。手のひらで少し泡立ててから添付すると刺激を弱めることができます


4・シャンプーは指の腹で地肌をマッサージしながら
シャンプーで髪を洗うときは、指の腹を使って地肌をマッサージするように泡立てながら洗います。力を入れてゴシゴシしたり、髪の毛をこすり合わせたりするとダメージの原因になってしまうので、優しく洗いましょう。

5・ぬるま湯でしっかり流す
シャンプー剤が地肌に残ると、べたつきやかゆみ、臭いの原因になることがあります。ぬるま湯でしっかりと地肌から毛先まで洗い流します。流すときのお湯の温度は熱すぎると余計な油分まで落としてしまうので注意が必要です。

▼美髪の作り方 その2 トリートメントをしっかり浸透させる

9526fdd1b4e9904f60205437d2da8a54_s

シャンプーでしっかり髪の毛の汚れを落としたら、トリートメントをちゃんと浸透させる。髪は丁寧に扱えば扱うほどダメージを遠ざけてくれます。高いトリートメントではなくてもきちんと浸透させれば効果は表れますよ。

トリートメントをきちんと浸透させる方法

[トリートメントをきちんと浸透させる方法] 1・丁寧なシャンプーでしっかりと汚れを落としておく
上述したような方法でしっかりと髪の毛の汚れを丁寧に落としておきましょう。髪の毛に汚れが残っていると、キューティクルにトリートメント剤が入り込む邪魔になります。

2・適量を手のひらに取り、毛先からトリートメントを添付していく。
頭のてっぺんから塗り始めると、地肌に必要以上のトリートメントが付いてしまい、べたつきの原因になります。また毛先の方がダメージは多いので、先につけることで浸透時間を多くしていきます。つける時は上から下へ撫でるように。もみ込んだりこ擦り合わせたりするとダメージの原因に。髪の毛は濡れている時が一番傷みやすいので注意しましょう。

3・毛先に重ねづけします
全体にトリートメントをゆき渡らせたら、最後に毛先にもう一度トリートメントを撫でるように重ねづけします。このひと手間で仕上がりがグッと変わってきます。

4・蒸しタオルで巻いて、シャワーキャップをし、蒸らす
トリートメントを髪全体につけたら、蒸しタオルで包みます。その上からシャワーキャップで覆い、髪の毛を蒸らします。この蒸らしによって髪の毛の奥までトリートメントが浸透します。蒸らしている間に体を洗ったり、半身浴をしたりまったりとバスタイムを楽しみましょう。

5・頭皮からしっかりと流す
トリートメントは髪の深部に浸透するようにできていますので、頭皮からしっかりと余分なトリートメントを流しましょう。特に頭皮は念入りに。

▼美髪の作り方 その3 キューティクルを意識した乾かし方

7b8ecd1ed3883ac2ebf733f16521996d_s

美髪を作るには、髪の毛の乾かし方もとても大切です。何となく乾かしていたり、自然乾燥をしている方は、是非乾かし方に気を付けてみてください。乾かす。たったそれだけのことですが、気を付けて行えば、仕上がりは全く違ってきますよ!

 

美髪をつくる髪の毛の乾かし方

[美髪をつくる髪の毛の乾かし方] 1・トリートメントをした後、タオルで髪の毛の水分をしっかり吸い取る
髪の毛の水分を吸い取るときは髪の毛をこすったりしないように気を付けましょう。髪の毛が濡れている時に髪をこするのは髪の毛がダメージを受けてしまうのでNG。やさしく絞るようにしながらタオルに水分を吸収させるようにします。
2・アウトバストリートメントを毛先を中心につける。
アウトバストリートメントというのは、洗い流さないタイプのトリートメント。オイルタイプのものやミルクタイプのものがあります。乾燥する季節はオイルタイプのものがおすすめです。

3・ドライヤーの中温で地肌から乾かし始める
ドライヤーで乾かす手順としてまずは地肌を乾かします。風を当てる向きは必ず上から下へ流すようにあてます。下から吹き上げるとキューティクルが開いてしまうので注意しましょう。

4・地肌が乾いたら、毛先へ向けて風を送る
地肌が乾くころには、髪の毛もだいぶ乾いているので、髪全体から湿度を飛ばすように、上から毛先に向けて風を送り込むように乾かします。

5・冷風でキューティクルを引き締める
最後に冷風で上から全体に風をあてます。冷風を当てることでキューティクルが引き締まり、トリートメント成分をより髪の深部へ閉じ込めていきます。最後に冷風を当てるこのひと手間があるかないかでまったく仕上がりが違ってきますよ。

▼美髪を作るヘアケアのまとめ

いかがでしたか?毎日のヘアケアを少し見直すだけで髪のダメージを減らすことができ、更に美髪にもなれます!髪は毎日洗うものですので、少し手間をかけるだけで大きな差が生まれますので是非、取り入れてみてくださいね。