【ダイエットの心構え】貴方の脳を挫折しないダイエット脳に変える方法3つ

ダイエットの心構え

★なかなかダイエットが長続きしない
★何度もダイエットに失敗している
★自分でもこのままではダメだという事は分かっている

ダイエットは、食事制限や、運動を続けていかなければならず、
やろうと意気込んでみたものの、三日坊主で終わってしまうことも多いのではないでしょうか?

続かないダイエットばかり繰り返していると
リバウンドをしたり、代謝が落ちて、痩せにくい体になってしまうことも・・・。

ダイエットをスタートし継続的にダイエットをがんばれる方法は?

せっかくダイエットを始めるなら、
絶対に目標までは諦めず、走りぬけなければ意味がありません。

ある意味、目標を達成してからがダイエットのスタートとも言えます

今回は、そんな、ダイエットをしてもいつも三日坊主で終わってしまわないために
「ダイエット脳に変えるための3つの方法」
を一緒に見て行きましょう。

貴方の脳をダイエット脳に変える3つの方法

1,食べるための言い訳をしない

食べ物の誘惑
ダイエットで即効性を求める人ほど成功はありえない

女性の多くは、運動が苦手ですので
ダイエットのメインは、やはり食事制限。

食事制限は、食事の量を減らしたり、おやつを我慢したりと、結構辛いものですよね。

辛いからこそ、「ちょっとくらいいいかも」と食べるための理由をつけて、何かとカロリーを摂取してしまう人がいます。

食べるための言い訳とは、どんなものなのでしょう?

思い当たるふし、ありませんか?

  • 1・暑い日が続いているからお肉を食べてスタミナつけなくちゃ!
  • 2・食べないでダイエットすると、リバウンドするんでしょ?食べなくちゃ
  • 3・たまに会う友達と食事するときくらいいいじゃない
  • 4・好きな人が食事に連れて行ってくれるっていうからたくさん食べて喜ばせたい
  • 5・カロリーが少ないお寿司だからお腹いっぱい食べても平気よね

こんな風に、食べることに言い訳をしていたら、いつまでたっても痩せはしません。

言い訳をしそうになったら、自分が何故ダイエットをしているのかを瞬間的に思い出せるようにすると良いでしょう。やせたら着たい服の写真を携帯の待ち受けにするのも良い方法です。

言い訳が上手いと絶対にダイエットは無理。『明日から頑張ろう』ではなく『今日だけ頑張ろう』

2,ダイエットを公言する

ダイエットを高原
「5キロ痩せたいな」では絶対に痩せない

痩せたいなと願望を口に出しているようだと、
ダイエットはいつまでたってもできません。

本気で痩せたいと自分の心が思うまでは、辛いダイエットは続くわけがないのです。

よく、人に「痩せたいな」と言っているうちは、
絶対に痩せないと言われますがそのとおりです。

痩せたいと言って
「痩せなくても大丈夫だよ」
という甘えの言葉を相手に言わせて安心したいために、そのような事を言う人がほとんど。

これを打破するにはダイエットを友人や彼氏、上司など公言してしまうことが一番。(家族や兄弟などの身内はあんまり意味ないです)

今、痩せるために何をしているか?

公言したら次は

今何か具体的に行動しているか?
がポイントです。

本当に、痩せたいのなら
どうしたら痩せられるのかの対策を考えなければ始まりません。

  • ご飯の量をいつもの半分にする
  • 食事から油を遠ざける
  • 1食は腹持ちの良い物を取り入れてみる(干しイモ・寒天ゼリー・ヨーグルト等)
  • 残業がない日は2駅先まで歩く
  • 朝はラジオ体操やストレッチをする

などなど、何か一つでも毎日行動に移していれば徐々にそれが習慣になっていきます。こうなればしめたもの。

3,男性に厳しい意見を聞く

男性の厳しい意見
痩せたいとダイエットを始めるのには、
それなりのキッカケが必要になります。

ただ、なんとなく、痩せたいなと思うだけでは
自分の意思が弱くなり、ダイエットが続きません。

しかし、誰もが必ずダイエットをするときに、
明確なキッカケがあるとは限りません。

そんなとき、太っている人に厳しい人の意見を聞くことで、自分を奮い立たせる事ができます。
今から下に、男性が太っている人に対して抱くイメージをいくつか書いてみます。

  • 太っているとそれだけで清潔感がない
  • コンビニでお弁当とパンを大量に買っていると、ついつい見てしまう
  • 足が太いくせに、ミニスカートやショーツを履くのはやめてほしい
  • ネットのプロフィール欄にぽっちゃりと記入している=デブ
  • 自分の彼女が太っていたら絶対に友達に紹介しない

ぽっちゃりと言われるのはOK。自分でぽっちゃりというのはNG

男性は、太っている女性に厳しい意見を言う人が多いです。

ネットでもOK。手厳しい意見を調べてみると自分が持っているギャップに驚きます。

特に自らネットのプロフィールの自己紹介欄に
「ぽっちゃり」
と書く人にはめちゃくちゃ厳しいです。

男性は、ぽっちゃりさんが好きという意見もあります。
でもそれはイメージがぽっちゃりというだけ。
けして太っている人が好きというわけではないです。(当たり前)

女性が自分で思うぽっちゃりと男性が思うぽっちゃりは全然イコールではないということをまず自分の心に叩きこむ必要があります。

まとめ

  • 食べるための言い訳は絶対にしない【永久に明日は来ない】
  • ダイエットを友人などに公言する【退路を断つ】
  • 太っている人への厳しい意見を聞く【逆境】

今回は、ダイエットが長続きしない貴方に、「貴方の脳をダイエット脳に変える3つの方法」についてお話ししてみました。

基本中の基本は決めたダイエット法を毎日続ける事です。
これだけ守っていればいつか必ず結果がついてきます。
(継続できないような短期的ダイエットや食事制限は除く)

だからこそ毎日続けることができないような目標を決めちゃダメなんです。

自分が何故ダイエットしたいかの明確な意思を持ち、それをしっかりと持ち続ける事で成功させることができるます。

自分の食べたい気持ちに負けないダイエット脳を作り、必ず目標体重に近づけるように一緒にがんばっていきましょう!