【黒髪は男ウケいいの?】黒髪にイメチェンする際のメリットとデメリット

黒髪のメリット・デメリット

★男性は黒髪(~ダークブラウン)・茶髪(ブラウン~ライトブラウン)どちらが好み?
★軽い目ロングと重い目ロングではどちらが男性ウケがいい?
★黒髪にしようと思っているけれど注意しなければいけないところはなに?

巷では、男性ウケのいい髪型は黒髪ロングって言うけれど実際のところどう?

今回は黒髪の男性ウケについて

黒髪のメリットとデメリットに分けて解説します。

結論をいうと「似合っていればなんでもOK」

黒髪は一般的には男性ウケはいいです。
ただ、茶髪と違ってあるていど条件があるような気がします。

要するに
「茶髪はあるていど誰にでも似合う髪型」
「黒髪は髪質・長さなどによって似合う・似合わないが出てくる」
そんな感じに分類されます。

なので、ただ髪を黒くするだけじゃなく
あなたの顔・雰因気に合わせた色・長さをチョイスする必要がありそう。
といえます。

ストレートの黒髪は清純派狙い?

一般男性が持つ黒髪のイメージは

・上品そう
・あまり遊んでなさそう
・知的で優しい

そんなイメージでしょうか?
黒髪は茶髪に比べると誠実で清潔感がもたれやすい髪型。

まあ、あくまでこれはイメージなので
実際はぜんぜん違う場合もあり女性目線で見ると
「あの子狙いすぎ!」
と取られることがあるのがデメリットでもありますが…

どんな人におすすめ?黒髪にする時のメリットとデメリット

黒髪のメリット・デメリット

黒髪のメリット

1,「白い肌がいっそう引き立ちます」

あなたの肌の色はどうでしょうか?
色白さんであるならば黒髪はあなたの顔に似合う色と言えます。

あなたの白い肌の色と黒い髪の正反対のコントラスト。
これによって白い肌がより艶やかにセクシーに見えます。

2,「清潔感・清楚感あふれる印象に!」

特にさらっとした黒髪の後ろ姿に惹かれる男性は多い。
なんか誠実そうで清らか

似合ってるのが条件ですが支持率はとても高いです。

・髪質は普通~柔らかい
・ストレートもしくは少しのくせ毛
・あまり手入れしなくても髪が傷まない

こんな髪質の方におすすめです。

3,「周りとの差別化ができる」

これから黒髪が流行るとどうなるかはわかりませんが
「まだまだゆるふわ・巻き髪」が多い中で周りの差別化になります。

人と違う髪型をしてると
「男性にとってはそれだけで新鮮に映るもの」です。

4,「性格のイメージ戦略」がカンタン

勝手に「清楚で純粋で一途なイメージ」をもたれやすい…

清純派のイメージを比較的カンタンに作ることができます。

ただ、性格まで変えすぎると同姓にはわかってしまうために注意が必要。

「あの子、男ウケ狙いすぎ…」みたいな

5,一回り以上年上の男性にも受けがいい

これも一概には言えませんが
一回り以上年上の男性には茶髪よりも黒髪のほうが受けはいいです。

というよりも年齢を問わず受けがいいといったところでしょうか?

黒髪のデメリット

長さ・質感・量によって【重くなりがち】

もともとの髪質がくせ毛な方
硬くて太い髪質の方
光に当たると乱反射する方

そんな方は特に「真っ黒ロングは危険」です。

すごく重たい印象になります。

かと言ってお手入れカンタンな
「ベリーショートの黒髪」は男性ウケは良くないです。

ショート~セミロングにとどめ
色も真っ黒ではなく暗めの茶髪にしておくのが無難です。

一言で黒髪って言っても色はたくさんあります。
茶色が入らないアッシュ系の色なんかも垢抜けた黒髪を演出できますよ。

【茶髪】よりも手入れが面倒

黒髪にしちゃうと茶髪の時よりも髪の質感が目立ちやすくなるために
手入れも念入りにして上げる必要があります。

【特に毛先のダメージはこまめに】

こまめにカットしないとすぐに重い印象になったり
茶色の時は全く目立たないフケなんかが目立ったり

派手め・明るめの服が似合わなくなる

黒髪に似合う服装は
白・淡いパステルカラー・ダークカラー

原色のビビットカラーは合わなくなります。
なので明るいカラーの洋服が好きな方は大変かも…

そういう意味では茶髪の方がいろいろなファッションに対応できます。

歩いていて声をかけられる回数が減る

これは、まあ、わかると思います。
デメリットに入るかどうかわかりませんが

まとめ

髪の艶感

確かに黒髪は男性ウケはいいけれどそれ以上に

似合っているか・お手入れできているか?

のほうが重要です。

参考:【黒髪に似合うメイク】キツく下品にならないための7つのチェックポイント

黒髪-清楚ストレートが好きな人もいれば
茶髪-ふわふわ巻き髪が好きな人もいます。

ただ共通しているのはちゃんとお手入れされた綺麗な状態をキープしていること

また、一言で黒髪って言っても
様々な色があります。
真っ黒だけが黒髪じゃないです。

あなたはあなた。
なので流行に敏感なのはかまいませんが

「黒髪はどう考えても私に似合う顔・髪質ではない」
と思ったらむやみにイメチェンしないことも重要です。