生理痛を軽くするために心がけておきたい6つの生活習慣

omo

omoi1

生理痛を少しでも軽くしたい。普段から心がけておきたい対策は?

あなたは生理痛に悩んだ経験はありますか?
生理痛がひどいと、ホルモンの影響もあってとても憂鬱になってしまいますよね。

生理痛は体質によると思われがちですが、実は生活習慣を変えることで改善できることが分かっています。

薬などを使わず生活習慣で生理痛が改善するなら・・・

ぜひ試してみたいですね。
ここでは、そんな生理痛を軽くするための生活習慣についてご紹介します。

ちょっとの注意で重い生理が激的に軽くなる6つの習慣

omo

1,飲み物は常温のものしか飲まないようにする

【最重要】まず、冷たい飲み物を控えること!

暑いとどうしても冷たい飲み物が飲みたくなってしまいますよね。
特に意識して飲んでいなくても、レストランでは冬でも氷入りの水が提供されていたりします。

そして、暑い夏にはビールなどのお酒もキンキンに冷たく冷えたものがおいしいですよね。

実は、この冷たい飲み物というのが、生理痛には最も大きく関係しています。
冷たい飲みものを飲むと(食べ物も同様)、子宮が収縮します。
これが生理痛に繋がると言われています。

ずっと控えるのが辛いなら少なくとも、生理中には冷たいものは控えるようにしましょう。

もし本当に生理痛が重いなら生理中に限らず、冷たいものは控えるようにしましょう。
ドリンクは氷なしが基本です。
3ヶ月も続ければ、効果を実感できるはずですよ。

2,布ナプキンに変えてみる

最近話題になりつつある布ナプキン。
布なんて洗うのもめんどうだし、何となく汚いイメージがありませんか?

でも、布ナプキンは使ってみると実はとても快適なんです。
ケミカルナプキンもよく「コットンの肌触り」と言いますよね。

でもあれば、布の肌触りを目指して作られているということ、本物のコットンにはかなうわけありません。
布ナプキンを使うことり、保温効果で暖かく感じます。

生理中に使うのはやっぱり抵抗があるという人は、まずはオリモノシートを布に変えてみたらいいでしょう。
ムレやかゆみ、ニオイなども気にならなくなるはずです。
オリモノシートがはがれかかったりした時のストレスも驚くほどなくなって、とても快適ですよ。

快適なだけでなく、ケミカルナプキンの化学成分は生理痛の原因になるとも言われています。
快適な上、生理痛の原因を減らすことができるのは、一石二鳥ですね。

3,一日何回かストレッチをする

ストレッチ

普段から運動をしていますか?
生理痛を軽くするには、冷たいものを控えるなどの「冷やさない」ことも大切ですが、体を温めることもとても大切です。

特に下半身のストレッチをすることで、血行が良くなり子宮を温めることができます。
それにより、生理痛を和らげることができるんです。
大切なのは、1日だけ頑張るのではなく、毎日少しずつでも継続することです。

わざわざストレッチの時間をとるのが難しいという人は、歩く時にちょっと股関節を伸ばすように大股で歩いてみるのも効果的です。

ちょっとした隙間時間に、伸びをしたり体をひねってみるだけでも血行を良くすることができますよ。

4,糖分をできるかぎり控える

冷たいものを控えなければならないからと言って、温かいコーヒーに砂糖を入れて飲んでいたのでは逆効果です。

体を冷やさないためには、カフェインや糖分も控えたいものです。
あなたはカフェインや糖分を摂り過ぎているという自覚はありますか?
多くの女性は特に糖分過多になっていると言われています。

そして仕事をしている女性は、カフェインを多く摂ってしまいがちです。
カフェインは利尿作用があり、飲んでも体に水分として蓄えられずに排出されてしまいます。
その際に体温が奪われるので、冷えの原因になると言われています。

糖分は摂取したら、血糖値が上がります。

血糖値を下げるためにインシュリンが分泌され、それにより体温を下げてしまいます。
どちらも体温を下げ冷えに繋がります。
もちろん完全に制限する必要はありませんが、摂り過ぎには十分に注意しましょう。

5,ノンカフェインの暖かい飲み物を飲む

あなたは暖かい飲み物と聞いて何を思い浮かべますか?
コーヒーや紅茶、お茶などのカフェンが入ったものがほとんどではないでしょうか?
暖かい飲み物は、体を温めるのにはとても効果的です。
ノンカフェインの暖かい飲み物と言えば、ホットミルクや豆乳、ハーブティなどがあります。
もちろんお湯でも大丈夫です。
暖かいドリンクで体を芯から温めましょう。

6,骨盤の歪みを解消する

生理痛の原因は、体の歪みが関係していることもあります。
特に骨盤が歪んでいると、生理痛が重くなるとも言われています。
これを解消するためには、骨盤の体操が重要です。

体操と言ってもとても簡単。
・上向きに寝た状態で体を左右に振る
・上向きに寝た状態で膝を曲げ、そのままブリッジする
これを1セットとして朝晩に3セットずつ行いましょう。

そして、足を出来る限り組まない習慣を作ることもとっても大切です。

あまりに重い生理痛は婦人科で検査を

全部やっても全然改善されない場合はなんらかの病気の可能性もあります。

婦人科は何となく入りにくいような気がして、足が遠のいている人も多いのではないでしょうか?
生理痛の有無にかかわらず、婦人科の検診は定期的に受けるようにしましょう。

生理痛の原因が、冷えや体の歪みから来ているなら生活習慣である程度改善することができます。
ですが、子宮内膜症や支給筋腫などの他の原因が隠れている可能性があります。

まとめ

warau

  • 飲み物は常温のものしか飲まない
  • 布のナプキンが快適
  • ストレッチで血行促進
  • 糖分は体温を下げてしまうので食べない
  • 温かいものでもカフェインは体温を下げてしまう
  • 体の歪みを解消する

とても簡単にできるポイントばかりなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
どれか1つを試すなら、まずは冷たいものを控えること!

これで驚くほど、生理痛が改善する人もいるはずです。

どうしても冷たいものが欲しくなることもありますが、そこはちょっと我慢。
生理痛が軽くなるとうことは、子宮に優しい生活ができているということです。

あなた自身の将来を含めた健康のために、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?