【顔が大きく見える】丸顔をメイクだけでシャープな小顔にみせる5つのコツ

丸顔の人のメイク

丸顔の人のメイク

日本人には、もともと丸顔の人が多いようです。
丸顔の人はかわいさを強調したり、あどけなさを演出するのは得意。
時にはシャープな小顔に憧れたりもしますよね。

でも、丸顔をコンプレックスに感じる人でも、ちょっとした工夫で小顔に見せることは難しくないんですよ。

今回は、丸顔さん必見!シャープな小顔に見せるためのメイクテクニックです。

丸顔さんの小顔メイクテクニック5つ

丸顔の人が、シャープで小顔に印象付けるために気を付けたいメイクテクニックは、次の5つです。

– ベースにはシェードとハイライト使い
– アイブロウはやや長めのストレート眉に
– アイメイクで印象付ける
– チークは頬骨に横長にのせる
– リップは落ち着いた色で

この5つのコツを押さえれば、すぐに小顔美人に!では、一つずつ確認していきましょう。

1,ベースにはシェードとハイライト使い

ベースメイクについて

まず、ベースメイクの段階で、シェーディングとハイライトを使うことで、引き締まった立体感のある小顔を作ることができます。

シェーディングとは、影を入れるということですが、通常使うファンデーションよりも1段階暗い色のパウダーを使います。

ポイントはやりすぎないこと!首と顔の境目や髪の毛の生え際に、ブラシでやわらかくのせてみてください。これだけでも、いつもの丸顔がすっと引き締まって見えるはずです。

のっぺりした印象をなくすためには、ハイライトを入れるのも効果的です。Tゾーンや目の下、あごにのせるのが基本です。シェーディングとは反対に、ファンデーションよりも明るい色を使います。

ハイライトもシェーディングと同様、やりすぎるのは失敗のもとになりますので、少しずつ色をのせてみてください。

ここまで、シェーディングとハイライトで、もうすでに立体的なベースができているはずです。

2,アイブロウはやや長めのストレート眉に

眉は、ストレート眉の方が小顔効果があります。

眉山を強調すると、丸顔が強調されてしまうので注意しましょう。短めの眉は目を大きく見せる効果はありますが、顔のパーツが中央によっている印象を与え、丸顔を強調してしまいます。

アイブロウは少し長めに描くと、顔の幅が短く見え、シャープな感じに仕上がります。

3,アイメイクで印象付ける

丸顔の人のアイメイク

シャープな小顔になるには、目元メイクを強調して視線を上の方に集めるのが効果的です。

ただし、アイシャドウにパステルカラーなどを使うと、目元が膨張されて見えるので逆効果です。

シャープな印象を与えるためには、ベージュ系やブラウン系がおすすめです。また、パール入りのものを選ぶと、自然と視線を集めるので、小顔美人の印象を与えることができます。

きりっと引き締まった小顔作りには、アイラインとマスカラも丁寧に入れる方が効果的です。さらに目じりのこころもち長めに描くと、顔が引き締まって見えます。

4,チークは頬骨に横長のせる

チークをのせている女性

チークの色は、コーラルピンクやブラウン系を選ぶとよいでしょう。

頬骨の上から耳の方にかけて斜め上にいれます。チークをまん丸に入れると、丸顔が強調されてしまうので避けましょう。

チークも、のせすぎには注意したいですね。基本は淡くうっすらとのせることです。黒目の少し外側から色をのせて、外側にむかってぼかすようなイメージです。

5,リップは落ち着いた色で

唇は、ベージュ系やオレンジ系がおすすめです。

アイメイクをしっかり描くので、唇は抑えめにするのが鉄則です。

あごやほほの丸みが気になる人は、リップライナーで唇の線をはっきりさせるのもよい方法です。

特に口角と、下唇のラインをきちんと描くと顔が引き締まります。グロスを使いたい場合は、くちびるの中央や下唇にだけのせる部分使いが効果的です。

たるみ対策で小顔効果アップ

丸顔、メイク5

小顔はメイクで作ることもできます。
でも基本的なたるみ対策も同時に行いたいですね。

むくみやたるみを防止するためにも、普段からリンパマッサージなどで、老廃物がたまらないようにしておきましょう。

また、頬やあごの筋肉を鍛える、表情筋トレーニングも有効です。特にフェイスラインのたるみをとって、首元をすっきりさせると、シェーディングの効果も高まりますよ。

まとめ

丸顔さんは、丸顔を活かしたかわいらしいメイクをするのは得意です。でも時にはシャープで小顔な印象のメイクをしたいこともありますよね。

特に小顔メイクは引き締め効果もあるので、タルミやむくみが気になるときにも便利なテクニックです。

ちょっとした工夫でできる小顔メイク、ぜひ、試してみてください。