【外出先でもしっかり保湿】乾燥肌の方の外出先のメイク直し

チークブラシ

メイク直し

皆さん外出先でのメイク直しはどうしていますか?

★乾燥ですぐにメイクが崩れてくる
★メイクを崩さずに乾燥を抑えるいい方法は?
★あぶらとり紙は使うべき?

外出先でもしっかり保湿しながらメイク直しをすることが美肌へのコツ!

今回は肌が乾燥気味な方のメイク直しのやり方を紹介します。

【乾燥肌】外出時のベースメイクの直しについて

Makeup

外出時のベースメイク直しは
基本的には化粧水とパウダーファンデーションで行います。

朝のメイクの時にリキッドファンデーションを使用している方も
外出している時はパウダーファンデーションのみの直しでOKです。

あぶらとり紙は使わない

ファンデーションが崩れてきたなと思えば、
まず余分な油をティッシュで軽くふき取ります。
あぶらとり紙を使う人もいるのですが、これはよっぽど
脂性肌の場合のみ

乾燥肌の人は特にあぶらとりがみの使用は
顔の油が取れすぎてしまうので、ティッシュの方がお勧めです。

ティッシュオフせずに上からファンデを重ねてしまうと
ゴテゴテとしてまた崩れ方もさらに汚くなるのでティッシュオフは絶対です。

化粧水もしくは美容液をスプレーボトルに入れて持ち歩く

その後軽く化粧水をスプレーします。
アベンヌウォーターなんかお使いの方が結構多いようです。

普段お使いの物でもいいですし直し用に
さっぱりしたタイプの化粧水などを一つ購入しておくのも良いでしょう。

スプレータイプの容器に入れるととても使いやすいです
ダイソーなどの百均で購入することができます。

また気合が入っている人・化粧水だけでは乾燥する人なら
サラリとした感覚の美容液ミストをスプレーボトルに入れて使ってる人もいます。

直しの後にも保湿を!

その後にパウダーファンデをなじませていきます。
外出時はパフではなくて筆を使ってクルクルとなじませることで
毛穴にまでパウダーが入って綺麗な仕上がりにしてくれます。

そしてその後もう一度化粧水をスプレーします。

これは、肌の保湿ではなく
乾燥によるパウダーファンデーションのひび割れなどを防ぐため
あんまりやりすぎると崩れの原因になるので、ちょっとひと吹き保湿するぐらいの程度でいいでしょう。

朝のスキンケアがメイク直しの要らない肌を作る

スキンケア

最初の化粧水が大事です。必ず何回も浸透させるようにして肌を乾燥させない
時間をかけて
もう、肌が飲み込めなくなるくらいたっぷりと水分を補給してあげます。

乾燥肌の方は化粧水での保湿は3回くらいに分けて行います。
しっかりと手でなじませるようにして浸透力を高めてあげます。

一定の間隔を開けてあげることの重要性

化粧水や乳液つけるときに間隔をおかないでいる方はもったいない。
一定の間隔をおいて「乾いたな」と思ったら
次のスキンケアへ

化粧下地をする際は先の乳液がしっかりと浸透させてヌルヌル感を消してから
ベースを作っていきます。

朝はとても忙しいので、この待ち時間を短縮してしまいたくなりがちですが、
崩れ防止のためにはぜひ時間を使っていただきたいところ

化粧下地を使っていない方はいませんか?

充分に化粧品を浸透させてから化粧下地です。
スキンケアの後すぐにファンデーションを使ってる方は絶対に化粧下地を使ってください。
これだけでメイク崩れは激減します。

特に崩れやすいのは目尻のしわとほうれい線ですよね。
そのあたりは特に念入りに指先を使って下地をすり込む。

崩れやすいところは
シワが出ている状態にしてそしてマッサージをするようにして下地をなじませるようにするといいでしょう。

ファンデーションも同じでしわや線が目立つところはその線を
開きながら叩き込むようにしてなじませていきます。

アイメイクが崩れる方へ

アイメイク

皮脂によるアイメイクの崩れが気になる方は
マスカラとアイライナーの見直しが重要。
これさえクリアできればアイメイク直しはそうそうしなくても大丈夫になると思います。

まずマスカラですがフィルムタイプがお勧め。
そしてそれを塗った後に百均で売っているようなトップコートを塗ってみてくださいね。

そしてアイライナーをリキッドに交換するようにします。

これだけで外出時汗をかいた時のパンダメイクはほぼ防げると思います。
実際このパターンにするとスポーツクラブで
汗をかいてもほとんど崩れることはありません。

外出時に汗をかくところに行く時は
この組み合わせを覚えておけばいいと思います。

ちなみにアイシャドウはよほどのことがない限りくずれないので持ち運ぶ必要はないと思います。