【あと10キロ痩せたい!】だけではダメ!ダイエットを習慣化することの重要性

10キロ痩せたい!それだけでは・・・

どうやったら痩せる?

★とりあえず、あと10キロ痩せることが目標。
★痩せてもすぐにリバウンドしてしまうので、ダイエットに疲れた
★なぜいつもうまく体重コントロールが出来ないのか

このようにダイエット地獄に落ちてしまっている人。
現代とても多いと思います。

「何回もチャレンジしてるけど痩せれない」
なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

このブログでも何回も記事にしていますが、やはり間違ったダイエットの捉え方が原因です。

ダイエット情報が多すぎる
しかも、そのほとんどの方法は痩せられるけどまた太る
一番重要なことは絶対に書いていない

原因さえわかれば、実はダイエットはとても簡単です。

(しかし時間はかかります)

ちゃんとしたダイエット方法さえ分かれば、
難しいことは一切する必要なく、普段普通に生活していても
「なぜか絶対に太らない体」
を簡単に作ってしまうことが可能です。

【原因】痩せてからのビジョンが見えていないこと

何回も書いちゃっているのですが
「痩せることそのものがゴールになってしまっている人」
がとても多いです。

冷静に考えればとてもおかしいことなのですが、
痩せてからどうしたい?というのが
あまり明確になっていないような気がします。

その結果

痩せた=卒業論文が終わったみたいな感じになってしまい
目標を達成した時点で
灰のように燃え尽きてしまう

これがリバウンドする最も大きな原因の一つです。
目標達成したとともに解放感を味わってしまい、
自分の中の食欲が爆発してしまうというものですね。

「今日くらいいいか…」はリバウンドの始まりです。

リバウンドしないために

ダイエット=続けるという認識を持ってください。

「ダイエットすることが目標」
になってはいつまでも痩せれません。

ダイエットはあくまで
「理想の未来を実現するための手段に過ぎない」
これをしっかりと認識してほしいと思います。

このただの手段に
たくさんの人がエネルギーを使い過ぎています。

結果、10キロ痩せるのが目標になってしまっています。

ダイエットそのものにエネルギーを使うのは
非常に効率が悪いです。

自分に対して必要以上の無理・我慢をするダイエットは
挫折の1番の原因です。

「毎日空腹との戦い」
「ダイエットがストレスになっている」
「生理が止まる・狂う」

上記3つは絶対にやってはいけないダイエット方法です。
短期でのダイエットはこのような副作用が必ずついてきます。

簡単に痩せる情報に飛びつかない

雑誌の広告などには
「少しの努力だけで短期間で簡単に痩せることができました。」

そんな広告がありますが、
このような言葉に簡単に飛びつかないこと

確かに痩せる事は可能かもしれませんが、
それを維持するというのはかなり難しいです。

またおかしなダイエット方法をしてしまうと
あなたの体自体がボロボロになってしまいます。

ダイエットの王道は
「自分に無理のない方法を選ぶこと」
そして
「それを続けること」
このたった2つのことだけです。

ダイエットを習慣化する

ダイエットは特別なものではなく
また、期間を区切るものでもありません。

そのためずっと続けるという認識に変更するべきだと思います。

この意識改革さえできれば
「短期間で」「いつまでに」「だれでも簡単」
とかの言葉に躍らされることはなくなります。

具体的になぜいつ何キロなどを紙に書き出してみよう

紙とペン

思っていることは誰でもできますが、行動するのは難しいもの。
まずは行動するために必要なことを具体的に紙に書き出してみましょう。

ここで書くのはどんな事でもかまいません。
無理なことでもとりあえず書いてみることをおすすめします。

なぜ痩せる必要があるのか

  • 別れた恋人を見返したい
  • 薄着の季節までに何としてもスタイルを良く見せたい
  • 新しくできた恋人のために痩せる必要がある。

どのようにして痩せるのか

  • とりあえず運動はしたくない
  • 食事だけは腹八分目に抑える
  • 痩せたいけれど、ストレスは溜めたくない

誰が痩せるのか

  • 現在160cm で体重60キロの自分

このような感じで思いつくことをどんどん紙に書いていきます。

目標達成できてからも続けられる事を書く

ダイエットで痩せるというのはゴールではありません。
マイナス5キロを達成してから
続けられることを紙に書いてみましょう。

これは病気などの時を除いて
あなたの毎日の生活の中で習慣化する必要があります。

なので、
これはできそうにないなと思う事は
絶対に書き込まないようにしましょう。

「毎日水をしっかりと飲む」
「気分がイイ時は歩いたりする」
「お風呂あがりはテレビを見ながらストレッチをする」
「毎日起きたら腹筋だけは20回する」
「外食はなるべく和食にする」
「飲み会があっても絶対に最後にラーメンは食べない」
「毎朝体を温める飲み物を飲む」
「夜は炭水化物抜き」
「おやつは低カロリーのものを」
「テレビを見るときはバランスボールに座ってみる」

など、
「え?こんなの誰だってできる」
みたいなことを書き出してみましょう。

そして、それを毎日チェックできるところに貼っておきます。

このような誰にでもできそうなことを自分のものにして毎日の習慣にする。

ダイエットの本質は本当にこんな簡単な事だけです。

この事が面倒だと思うようになると「ついつい簡単にできるダイエット法に飛びついて、また失敗する」を繰り返してしまいます。

習慣化のプロフェッショナルになる。

上で紙に書いて決めた
「少しだけの努力」
を毎日続けられたら
「あなたは1年後には立派なダイエットのプロフェッショナル」です。

普通にしているだけなのに理想の体型・体重を手に入れているはずです。

あなたが
他の外国人の誰よりも日本語ができるのは
この習慣化によるもの

要するに日本語のプロフェッショナルということですね。

ダイエットもこのようにして習慣化することで
いまの間にか成功している。

そんな未来を手に入れることができます

一番大事なのは「続けれる事」

日本語を話さない日はないように
ダイエットも毎日の積み重ねです。

※気の弛み過ぎはダメですが1,2週間に一回程度のイレギュラーは必ず起こるものなので多少遊びをもたせます。(続けることに重点を置いて完璧を求めない)

なので「辛い、やりたくない、嫌い」
と感じた事は無理にする必要はありません。

「2週間で5キロ」みたいな期限のある目標設定はせずに
減れば儲けモノくらいの捉え方のほうが間違いなくうまくいきます。

そして、日々の習慣の中で
「良さそう・やってみたい」と思えたものはどんどん取り入れていきます。

太った原因を自分で考えてそれを取り除くこと・そして続けること
これだけです。
テレビでやってるようなダイエット方法に飛びつくことなく
まず、根本原因・本質を見なおす。

これだけで本当に簡単に体重はコントロールすることが可能ですよ。