【化粧品・メイク用品】消費期限の目安と使うときの注意ポイント

化粧品の鮮度

毎日使っている化粧品、鮮度は大丈夫ですか?

まったく同じ化粧品なのに、古いものを使いきって新しい封を開けてすぐは、なんだか肌の調子がいい気がする。
そんなふうに感じたことはありませんか?
新しいのを使って気分がいいからかなぁ・・・?
実はそれ、気のせいではなく化粧品の鮮度に関係しているのかもしれません。

化粧品は肌の食べ物。なので鮮度が重要!

食べ物で考えてみましょう。
いくら高い食材でも、古かったらおいしくありませんよね。
おいしくないだけではなく、腐って食べられなくなってしまいます。
逆に、特に高級でもない普通の食材でも、新鮮であれば高級品に負けず劣らずおいしいこともありますよね。

化粧品もそれと同じことが言えるんです。

どれだけ高級な化粧品でも、古いものを使い続けていると成分が劣化して逆に肌トラブルの原因になるかもしれません。

意外と知られていない、化粧品の消費期限

化粧品を購入するとき、ほとんどの化粧品には消費期限が表示されていませんよね。
つまり、あなたが今日買った化粧品はいつ作られたか分からないということです。
作られて入荷した直後かもしれないし、数年前につくられたものかもしれない。
基本的には未開封で保存状態がいいなら問題はありませんが、新しいに越したことはありません。

化粧品の消費期限の目安

MS251_kosumesetsi500

コスメ・化粧品関連

・化粧水:3カ月~6カ月。湿度や温度の影響を受けやすいので、保存状況に注意しましょう。
・乳液・クリーム:6ヶ月~1年。古くなってくると効果が弱くなるだけでなく、肌トラブルの原因となることもあります。
・日焼け止め:1年。つまり1シーズンで使い切るのがベストです。去年の日焼け止め、なんか匂いが怪しいと感じたことがある方も多いのでは?
・アンチエイジング、ニキビ用化粧品:劣化しやすい原材料を使用しているものが多いため、説明書を確認しましょう。基本的には1年以内です。

メイク用品・その他

・マスカラ・リキッドアイライナー:3ヶ月。目の近くに使用するものなので特に注意が必要です。
• リキッドファンデーション:半年~1年。
• パウダー系化粧品(アイシャドー、パウダファンデーション):2~3年。
• 口紅・グロス:1年。使用していなければ比較的長持ちしますが、一度使ったものは唾液にも触れているため、早めに使い切りましょう。
• ペンシルタイプの化粧品:3~5年。時間を置いてから使用する場合は、使用前に削りましょう。

※ここに記載した期限はあくまで目安です。
期限内でも見た目や匂いに違和感を感じたら使用をやめましょう。

化粧品・メイク用品の効果を最大限に引き出すために注意したいことまとめ

開封後は早めに使いきること

乳液・クリームのイメージ画像

化粧品は開封したその時から劣化が始まります。
直接触れないポンプ式は比較的劣化しにくいですが、指で直接とるタイプのものは要注意です。
雑菌の繁殖を防ぐためにも、できるだけ清潔な手で使用しましょう。
また水分の多い化粧品ほど、雑菌が繁殖しやすいので、できるだけ早く使い切った方がいいでしょう。
夏用の化粧水が余ったからまた来年使おう・・・なんてもってのほかです!

高いからといって少しずつ使っていませんか?

高い化粧品をたっぷり使えるのがベストですが、お財布事情をら考えるとなかなかそうもいかないですよね。
そんな時は、思い切って少し値段を下げて多めに使う方がいいかもしれませn。
そうすれば、たっぷり使用できますし、新しいうちに使いきれて一石二鳥!

できるだけ長持ちさせるために

とはいえ、無駄使いはできませんよね。
そんな時は、保存方法に気を付けましょう。
直射日光を避け、できるだけ涼しいところで保存するのがベストです。
保存方法に関しては、化粧品により異なるので購入した際には説明書をよく読みましょう。
注意したいのが、涼しいところと言っても、冷蔵庫に保管するのは特に指定がない限りやめた方がいいということです。
熱だけでなく、冷たくなりすぎても成分が変化してしまうことがあります。

買った後ばかりじゃない!買う前のお店の保存方法もチェック

日当たりのいいところに商品を陳列しているお店、見たことありませんか?
その場合、すでに成分が変化してしまっていることも・・・
そんなお店は避けた方がいいかもしれません。
運送中の状態など、もちろん全てを見ることができませんよね。
なのでできるだけ信頼できるお店で買い、ほこりをかぶっていそうな商品は避けましょう。
クリアランスなどの商品は古い可能性もありますので要注意です。
購入の時点で、状態のよさそうな化粧品を選びましょう!

意外な落とし穴!無添加化粧品に要注意

無添加化粧品は、一見肌によさそうですが、すぐに使い切れない場合は雑菌などが繁殖するリスクが高くなります。
いつも以上に保存状態に注意し、早めに使い切るのがいいでしょう。

確実に状態のいい化粧品を買う方法とは?

それはズバリ、新発売の商品です。
または、パッケージなどをリニューアルし、過去の商品と今の商品の違いがはっきりしているものです。
これらは、鮮度抜群の化粧品であることは間違いありませんね。
自分の肌にあうメーカーを見つけ、新商品を選ぶのがベストです。
また、新商品は流行の色や新しい技術なども使用されているもで、選ぶメリットは大きいですね。

まとめ

CRI_IMG_5997500

健康で若々しい肌のための化粧品の選び方について、改めて考えてるきっかけになったのではないでしょうか?
スキンケアにかけられる予算には限度がありますよね。
その中で、少しでも肌にいい化粧品を選択するために、「鮮度」という部分にもぜひ注目してみてくださいね。