【男性ウケ】ナチュラルメイクにチークが必要な理由とおすすめカラー

color

チーク

男性は、ナチュラルメイクが好きな人が多い

でもなんとかナチュラルにしたくて
チークやリップなど色味を抑えてベージュ系で統一してメイクすると不健康そうに見えてしまう。

じゃあチークはナチュラルメイクには必要ない?

「いいえ。ナチュラルなメイクにこそ、チークが欠かせません。」

顔色をよく見せてくれるので、より自然な印象が作れますよ。

ナチュラルメイクにチークが必要な理由

Cheek-Make-Up

【立体感がある顔に】
チークがないと、ファンデ1色の顔色に!
片面的ノッペリとした立体感がない顔に。
ただでさえ日本人は平面顔なので、ファンデのあとはチークは絶対に必要です

【健康的に見えます】
ファンデを使うと顔がのっぺり。
チークで立体的にしつつ、頬にほんのり赤みを入れると健康的な顔に!
女性らしさも上がります。
チークを付けると顔色がパッ!と明るく見えるので第一印象もUP。

ただ、くれぐれも入れすぎに注意です。

おすすめの色

color

ナチュラルにしたい!を考えすぎてベージュを入れるのはあまりオススメしません。
(赤ら顔の人は除きます)

モード系と言うか・・・やり方によってはバッチリメイクしたように見えてしまうので不思議です。また、立体的に見えないのでいかにも

「化粧しました」

みたいな顔になります。

チークの色は、ピンクは可愛い感じ、オレンジは健康的な感じ、ローズはエレガントな感じの印象を作れます。
ですが発色が良すぎないものを薄く入れるのがナチュラルメイクには大切です。

あなたが平均的な肌色の場合

コーラル

顔色(色白・色黒)にも左右されますが
黄色人種の日本人に合うのはオレンジとピンクの中間色のコーラル系です。
おすすめはコーラルオレンジ

あなたが色白の場合

コーラルピンク

色白の肌ならオレンジが少し入ったピンクをオススメします。
色白の人にはオレンジよりピンクです。
オレンジはとても肌になじみやすい色なのでピンクメインでも肌なじみが良いです。
ピンクだけだとチークが少し浮くのでオレンジが入っていたほうがおすすめ

あなたが色黒の場合

オレンジ

色黒の方にはオレンジが良いです。
ピンク系だと浮きまくるので肌の色に合わせたナチュラルなチークを選ぶと不自然に見えません。

ナチュラルメイクにおすすめできないチーク

ラメ入り

ナチュラルメイクにオススメしないのは、ラメ入りのチークです。
特にラメの粒の大きいものを使うと「頬だけ化粧してる」感じで全然ナチュラルにはなりません。
メイク直しすると前のラメだけ残り、ラメラメになったりします。

ラメ入りのチークは骨格を生かして光りの加減でキレイに顔を見せる事ができます。
なのでほんのすこしのラメ・パールならいいですがあまりに粒子が大きい物は不自然。

発色が良すぎる

チークは血色程度に薄く付けましょう。
また、発色がよすぎるチークだと、それだけでナチュラルに見えません。
レッド系はエレガントに見えますがナチュラルメイクには合わないと思います。

ノーファンデでチークのみの人も多いと思うのですが色みを考えると
ファンデーションかお粉をサッと塗っていた方がチークもきれいに見えます。

つけすぎ

つけすぎはどんな色でも絶対にNG。
チークを入れすぎるとナチュラルじゃなくなります。
ブラシにとって、ティッシュの上で軽く落としてからつけるようにします。
チークは一度手の甲やティッシュの上で粉の量を調節してから顔に持っていくとふんわり付きます。

よりナチュラルに見せるためのポイント

付属のブラシは使わない

ブラシは大きい物を

チークに付属でついてる小さいブラシはほとんどキレイにつきません。
よほどテクニックに自信があるならいいのですがチークが濃くなる可能性大。

小さいブラシって本当に難しい!
大きめのブラシを別に買った方が断然早いしきれいです。
予算は1000円位まで。
持ち手の長いチークブラシを持っておくのが上達への近道!
つけやすいし、慣れるのも早いです!

イメージに合わせてつける位置を変える

cheek-point

頬骨の内側に丸く入れると可愛い感じ、
頬骨の外側から斜め下に向かって入れるとシャープな感じになります。

これについては別記事で詳しく紹介します。

そして最後に、あご先に少しつけると良いです。さらに立体的に自然に見えます。