【アイメイクを崩れにくくする方法】パンダ目にならないための目元メイクの4つの秘訣

顔が赤い

★アイメイクが崩れるのが早い
★マスカラが落ちやすく崩れると汚い
★お昼すぎにはパンダ目でアイメイクが崩れやすく3時間持たない

崩れる アイメイク 汚い 落ちる 持たない

他の部分が崩れないのにアイメイクだけ崩れる

基本は保湿ですが

私は下地をきっちり作っていないことが原因でした。特に目元も意識しだしてから格段にメイクの持ちが変わりました。

クレンジングはしっかりできていますか?
乳液のあとにすぐにメイクなんて事はしていないでしょうか?

まずはスキンケアを見直します。
その後、ちょっとしたコツでさらに崩れるのを防止できます。

崩れやすい落ちやすいアイメイクの4つの対策方法についてご説明します。

1,クリームのシャドウとパウダーのシャドウを両方使う

本当はアイシャドウ下地を使うのですが、クリームアイシャドウやリキッドアイシャドウでも大丈夫です。
これらを目元メイクのベースにするだけ。

ここにパウダーを重ねてあげることでさらに発色アップします。

密着感が強いクリームのシャドウはヨレやすいのが欠点ですが

パウダーシャドウと一緒に使うことによって、
目元の発色も良くなってメイクの持ちも格段に上がりますので一度試してみてください。

2,マスカラは落ちたときの対策としてラメ入りを

マスカラは落ちた時のことを考えて

マスカラは長時間経つとどうしても落ちます

いつも使ってるマスカラの上にラメ入りのマスカラをW使いしてみてください。

重ねることでカールの持ちが上がります。

このラメが落ちてもキラキラと輝いて見えるので落ちても
逆に綺麗に見えてしまうのがメリットです。

できればウォータープルーフのものを選ぶようにしましょう。

お湯で落とせるフィルムタイプのマスカラは繊維が落ちて来るのがありますので要注意です。

3,目元メイクのにじみを防止するのはフェイスパウダー

・時間が経つにつれて、目の下が黒ずんでくる
・仕事上こまめに化粧直しすることができない

特によく動かす目元のメイクはきたなく崩れがちです。

10分程度目を閉じて寝たただけでも崩れることがあります。

アイラインやマスカラが目の下にくっついてしまうことはよくあること。

そんな時は下のまぶたにフェイスパウダーを少しはたいてください。

皮脂の抑制、シャドウやカラーがくっつくのを防ぐ。目元は乾燥している人多いけれどメイクのやり過ぎでべたついていることも多いので・・・

アイシャドウの前にまぶたにパウダーで油分をしっかりと押さえると効果的です。

4,マスカラ下地を使う

特に目を強調するメイクが好きな方はマスカラ下地を使ってください。
時間に余裕があるならマスカラトップコートも

まつげの長さやボリュームが出るのはもちろんのこと。
カールの持ちが全然違います。

一日中ガッツリメイクして目を強調するメイクは好きな方はお勧め。

まとめ

  • リキッドシャドウとパウダーシャドウのW使いで持ちも発色もUP!
  • マスカラはラメ入りが落ちた時もキレイです。
  • まぶたにパウダーで油分を抑えることでメイク移りを防ぐ
  • 目元強調メイクが好きな人はマスカラ下地とトップコート

一重の方のアイメイク崩れ防止方法は?

花粉症等どの時は特にボロボロになってますね。
そんな時は二重美容液を使ってみてください。

アイプチよりも全然楽です。
(アイプチは使う事自体私はおすすめしません)

そして崩れなくなります。おすすめは薬用タイプの二重美容液
これを使う事でアイプチなしでも一日中過ごすことができるようになりますよ。