【タレ目メイク方法】目が小さくてつり目がちな人のアイメイクのポイント

eye-makeup

目が小さくてつり目、奥二重で腫れぼったく見え
普通に化粧をするとキツく見える

日本人はほとんどの方が目尻が上がっているつり目の遺伝子
それが一重や奥二重の方はきつく見えてしまうので何とかしたいと思いますよね。

今回はタレ目メイクのポイントをお伝えします。

目が小さい方やつり目に見えてしまう方はタレ目に見せるメイクをすることで
「目を大きく見せ、相手に優しい印象を与えることができます」

タレ目メイク

タレ目は、目尻が命です

ふつうのアイメイクでは目の一番高いトップを強調するメイクをしますが
タレ目メイクは強調するポイントを目尻側にググっとずらし
大げさにならないように全体的に下に下げていくのがポイントです。

  • 目尻側の1/3を意識する
  • やり過ぎないこと
  • 横グラデーション

の3つがポイントです

目頭側は普通⇒目尻側にいくにしたがって徐々に下げていきます。

この時に一つ一つをわざとらしくしすぎないバランスがとても大事。
やり過ぎるとわざとらしく、タレ目というよりも腫れ目メイクのようになってしまうので注意です。

【タレ目メイク】アイライン

タレ目メイクのアイラインは目頭のところを太めに描き目尻は下げて描きます。

目尻1/3がタレ目のキーワード

アイラインはきっちりとしたラインを入れすぎないこと。いかにも描きましたメイクはちょっと残念です。

目の幅を2、3ミリオーバーに描いていき
目尻になるにつれて下に下げて太くするように描きましょう
最後は本当の目尻よりもオーバーめに下めにひく
1~2ミリ下まで引きます。

ブラシの先で目尻を囲んで三角のラインを縁取ります。

下ラインも目尻だけオーバーライン
その延長線上で、下まつげも目尻側1/4~1/3だけラインを埋めます。
本当の目尻は完全無視です。下のアイラインは目の形にそって入れてしまうと、たれ目メイクがうまくいきません。

目の一番下がっているところから、ほぼ水平に目尻に向かってラインをひきます。

【タレ目メイク】シャドー

まぶたにチップでブラウンのアイシャドウ。
を大きく見せるにはまぶたの線を越えて幅太く描きます。

タレ目メイクでは横グラデーションより黒目の外側の縦グラデーションが重要です
内側から外側になるにつれ濃い色、暗い色になるよう縦グラデーションを作っていきます

濃いブラウンを目尻下にぼかしていれる
ポイントを入れるときはアイラインよりアイシャドーのほうが自然になります。
アイライナーでしてしまうときっちりしすぎて目を縁取ったようになるので
ライナーではなくシャドウで線を引きます。
目の上のシャドーと違いやり過ぎに注意する必要があります。。

ラインを薄くして
シャドーでボカすこと

【タレ目メイク】つけまつ毛

つけまもストレートであんまり濃すぎないものを目尻にだけ入れる。

まつ毛が濃くて長い人は目尻にだけつけてもOK

選び方
目尻に向かうにつれ長く多くなっているものを選びます。
目頭よりも少し外側にずらしてつけていきます

【UP】目頭側のまつ毛はまぶたに押し付けて可能な限り上げます。
【DOWN】目尻側は逆に上から押し付けて下げます。
バランスが重要ですが
目尻側のまつ毛を可能な限り下に長く多く見せるのがポイントです。

下まつけもはたれ目、デカ目にはかなり重要
目頭側のまつ毛は大胆にカットして使います。
スタートラインは黒目の位置くらいから始めます。

目頭側は普通につけ目尻に行くにつれて徐々に位置を下げていきます。
最後の目尻は最終的に自分の目のラインよりも3ミリほど下になるように調節します。

マスカラ
マスカラを使う場合はロングタイプのマスカラを使い目尻にタップリと重ねづけします。
目尻を下げさせて強調するのがポイントなので目頭側は極端にいうと塗らなくてもOK。

つけまもストレートであんまり濃すぎないものを目尻にだけ入れる。