【まつ毛が短い・量が少ない】まつ毛パーマ・まつげエクステのメリットとデメリット

まつ毛パーマ まつげエクステ

30歳の恵美子さん。まつげが短いのでビューラー→マスカラ→トップコート→ビューラーと、毎日のメイクに時間がかかります。

★まつげが短い!長く濃く見せたい
★アイラインをばっちり描いても「う~ん」って感じ
★パーマがいいかエクステがいいか迷っている

ナチュラルな長いまつげは男性でも女性でもドキっとしますよね

今回はまつ毛パーマ・エクステのメリットとデメリット
疑問点などをご紹介します。

どちらがいいというのは人それぞれ。
メリットとデメリットを理解して自分のライフスタイルにあったものを試してみてくださいね。

ちなみに個人的にはパーマ派です。

まつ毛で悩んでいるのは

まつ毛の悩みは一重まぶたの人・逆さまつげの人に多いですが

それ以外はダメージまつ毛で悩んでいる方が結構多いです。

★まつげが傷んでいて短くパサパサに!

まつ毛が切れる・痛む原因

  • 「メイクが落としきれてない」
  • 「オイルクレンジングなどによる乾燥」
  • 「ビューラーで上げることによる切れ毛」

最近のマスカラなどはウォータープルーフで落ちにくいものもあり
まつ毛へのダメージは結構深刻。

その上に
「毎日ビューラーでカールさせる」
このダメージを受けてる状態で
ビューラーで傷みやすく切れ毛の原因に

ビューラーを使わない

ビューラー

これを改善するにはビューラーを使わないこと
まつ毛をキレイに見せるために毎日ビューラーをやってる人も多いと思いますが
特に細いまつ毛はダメージに弱いんです。

何かしら人工的なもので対策したほうが
カンタンだし手っ取り早い。

考えられるのはやはりパーマ・エクステ・つけまつ毛
など、

まつげパーマのメリットとデメリット

まつげパーマ

逆さまつ毛 まつ毛が短い人の場合、ビューラーをするのも大変ですよね。
また、ホットビューラーなんかはダメージの元

施術してくれるサロンで行うのが一般的ですが
最近は自宅でできるセルフキットなども発売されています。

もし、近くにやってくれるサロンがない場合はセルフキットを購入するというのも手ですが
メニューに出てないだけで近くの美容室でもやってくれる場合があります。

メリット

【まつ毛への負担軽減】

まつ毛パーマが最もまつ毛に優しい
ビューラーを使わなくても済む様になる為
まつ毛へのダメージを減らすメリットがあります。

【カールが自由自在】

ビューラーでは実現出来ない自然なカール

まつげパーマの場合
長さに合わせたロットが有りますので
短い方でも充分に自然なカールを付ける事が出来ます

【雨や湿気でもカールが落ちない】

ビューラーを使ってのカール。
雨や湿気のせいで落ちてしまう可能性が有りますが
まつげパーマの場合はそんな心配がありません。

【長い短いを選ばない】

まつげが短くてももちろんできますし
上向き・逆さまつげもほとんど影響なく
どんなタイプのまつ毛の人でもパーマをかけることができます。

【マスカラと併用もできる】

ファイバーの入ったマスカラで長さをプラス。
パーマを当てても短い人は長さは変えられません
その場合はやっぱりマスカラ!

デメリット

目の付近に刺激の強い薬剤を使う

施術するところの技術が低い・下手なところでやると
まつげはチリチリ、カールはバラバラ

短すぎる人には向いてない

ボリュームを出すものではなくてそもそもカールさせるだけなので短すぎる人には不向き。
量が少なくて長い人におすすめ

期間について

matuge-pa-ma2

1ヶ月に1回はサロンでパーマを当てるべき。
パーマは大体2000円~

まつ毛の「生える」「伸びる」「抜ける」
サイクルは大体4~8週間程

2ヶ月後にはパーマをかけた
まつ毛自体が無くなってしまっています。

まつげエクステのメリットとデメリット

まつげエクステ

メリット

【長さが自由自在】

まつげパーマは自分のまつげをカールさせるだけなので
本来の長さ以上にはなりませんがエクステならば
思いどおりの長さに調節可能

【マスカラが要らなくなる】

ビューラー・マスカラをする手間が省けるのでとても楽です。

【すっぴんでも目力】

メイクを落としても大丈夫

デメリット

【パーマよりも負担が大きい】

自分のまつげに付けていくので
負担がかかると自分のまつげも一緒に抜けてしまいます。

【カールの種類が少ない】

パーマは何種類ものカーラーがあるので
自分の希望通りのカールが作れますが
エクステはカールの種類は多くない。

【アイメイクがやりにくい】

目が描きにくい。ライン、シャドーをしづらい
エクステについてしまうと【つけまつ毛の汚いバージョン】になってしまう。

【メイクを落とす時に気を使う】

長持ちさせるためにはとにかくノータッチ
マツエクOKのクレンジングを用意する必要があります。
普通のクレンジングを使う場合は綿棒なんかを使って慎重にメイクオフする必要があります。

取れてきた部分は目立ちますし、伸びてきた時が不自然です↓常に綺麗でいるには、2~3週間おきにメンテナンスの必要があります。

期間・料金について

安いところなら6000円くらいから

サロンとの相性&技術者の腕による
施術するサロンによって料金も技術もマチマチ。
下手なところでやると3日で全部なくなることも……

普通のところで
つけたエクステが全て残っている期間は一週間くらい。
だいたい3週間程度でつけた初めの半分くらいになります。

ずっとフサフサのまつ毛でいたいなら
最低3週間に一回くらいのリペア(付け足し)が必要。

また、初めての方の目安としては
100本はつけないと、本当のエクステのよさは実感できないと思います。

まとめ

まつげパーマ
ビューラーをしてもまつげが上がりにくい方におススメ。
【短すぎる人には不向き】
ロッドを巻いてパーマをかけるので短い人は変化を感じにくいかも…

取れる心配などがないので大雑把な性格でもOK。

まつげエクステ
まつげ1本につき1本のシングルエクステをつける
【量が少ない人には不向き】
まつげの量が少ない方には不向き。最近は1本のまつげから3本ぐらいに枝分かれしているエクステもあるのですが自然に見えないのがデメリット

毎日の取り扱いにより持ちが全然違ってくるので丁寧な性格の人に向いてます。