【奥二重のアイメイク】腫れぼったい目にカンタンに立体感をもたせるコツ

奥二重 メイク

「描いても隠れてしまって眉毛ぐらいしか分からない」

せっかくアイメイクをしてもあまり目立たないのが
奥二重の人の悩みだと思います。

奥二重まぶたは腫れぼったい印象があるため
目元にメリハリを持たせることが重要

でも目元のラインはどうしても隠れてしまうので目尻が勝負です!

特に意識したいのがアイシャドウ。
ちょっと工夫するだけで少し腫れぼったい
奥二重の欠点をカバーすることができます。

「奥二重でも華やか!」を意識していきましょう!

立体感をもたせるアイシャドウ

【上下で色を変える】

★上まぶたはブラウンのアイシャドウ
★下まぶたは明るいハイライト系(パール)

こうすることで
上のまぶたに奥行きを出すことができ
腫れぼったさをカバーできます。
メリハリのついた立体感のあるアイメイクにすることができます。

下まぶたのホワイト系は真ん中あたりから目尻にかけて徐々に太く入れてあげる
奥二重のメイクはこの一手間がとても重要です。

【目尻にポイントを置く】

目元を横長に見せることで
奥二重の腫れぼったさをカバー。

3,4色を使って目尻に行くにつれてはっきりするように乗せていきます。
まつ毛のキワに乗せるだけだと隠れてしまうので
目尻側にはっきりと乗せてあげることで
目を開いた時に横長シャープに見せることができて
目を大きく見せる効果があります。

【ラメを置く】

ラメ系ならキラキラしていて、発色がいいので
アイホール全体に塗る必要がありません。
どうしても地味な感じの奥二重
目の上からちらりとラメが見える程度でかなり華やか!

塗るではなく乗せるという感覚で使ってみてください。

アイライン

【まつ毛を埋めるだけ】と割り切る

基本的に奥二重の人はアイライン目立ちません。
一重の人のメイク方法でも書きましたが
・ラインを引く位置を調節する(まつ毛を埋めるだけ)
・目尻だけ目立たせるラインの引き方をする

などの方法があるかと思います。

まず、アイライナーでまつげの間を埋めるように
目尻から内側にかけて細く引いていきます。

その後腫れぼったさを目立たなくし
横長に見せるために
目尻部分に長さをプラスします。1センチ程度長く描いてもいいです

この時目尻にかけて斜め上に引いていくと
切れ長の印象になります。
下に引いていくとタレ目でかわいい印象

黒はオススメしません

奥二重の人でも特に目が小さい人は
アイラインもブラウンの方がおすすめ。

二重なら効果のある黒での囲み目も
奥二重の人がやると
引き締め効果でますます目が小さく見えてしまいます。

プラス奥二重の人は
二重が見えている部分のみカラーのアイライナーをプラスすると
奥二重の人にしかできないメイクが完成します。

マスカラ

【最初にマスカラ下地必須】

まず、奥二重まぶたの下向きになりがちなまつげ
ビューラーを使ってしっかりカールアップ
ホットビューラーを使ったほうが長持ちします。

それからマスカラ

カールアップとロング効果のあるマスカラを!
塗る際には根元に当てる時間を少し長くすると
カール効果が驚くほどアップしますので試してみてください。

できればつけまつ毛を使いたいです

目尻用だったり束がある程度あるもの

目尻側半分だけカットして使用してもOK。
「外側に行くにつれて長く・濃くなるものを」
このタイプの目の人は目頭側は何をやってもあまり効果が無いので
とにかく目尻側にポイントを置く必要があります。

まとめ

奥二重の人もとにかく目尻が勝負です。
アイラインはまつげの隙間を埋めるものと割り切ります。
目尻側1センチが勝負です。クール系なら目尻を上げる
タレ目系なら目尻を下げる
黒は使わない。

アイシャドウは上下の2色使い分けることで腫れぼったさをカバーできます。
そこにラメを乗せるとぱっと華やかな印象になりますよ。

マスカラ・まつ毛もやっぱり目尻重視です。
そして彫りが深く見せるために
鼻筋にハイライト・鼻脇にノーズシャドウは必須です。