必見!日焼け止めを使ったベースメイクテクニック

ca0debde9ba44dbd0373c676113ffd4c_m

暖かくなって紫外線が気になる季節がやってきました。
みなさん、この時期のベースメイクはどうしていますか?

・UVカット効果のある化粧下地を使っている
・化粧下地の代わりに日焼け止めを使っている
・化粧下地と日焼け止めの両方を使っている

など、様々な方法がありますよね。
では、効率的に紫外線を予防でき、肌をきれいに見せるにはどのような方法が正解なのでしょうか?
ここでは、そんな紫外線が気になる季節には必須の、日焼け止めを使ったベースメイクテクニックをご紹介しましょう。

基本的なベースメイクの順番

日焼け止めと化粧下地、どちらを使っていますか?
両方使っている場合、どちらを先に塗っていますか?

化粧下地と日焼け止めは目的が違います。

化粧下地は、メイクのノリをよくし肌をきれいに見せるためのものです。
日焼け止めはその名の通り紫外線を防いで、日焼けによる肌のダメージを防ぐものですね。

そのため、もし片方だけ使用する場合は、日焼け止めを化粧下地の変わりにするのではなく、UVカット効果のある化粧下地を使用するようにしましょう。

ですが、春から夏にかけて紫外線がきつい季節はUVカット効果のある化粧下地だけでは効果が不十分な可能性があります。
日焼けやシミ、ソバカスなど、紫外線による肌へのダメージを考えると、化粧下地と日焼け止め両方を使うのが得策です。

では、両方使う場合はどちらを先に使用するのが正しいのでしょうか?
一般的には、化粧水で肌を整えたら、先に日焼け止めを塗るのが正解とされています。
その後、化粧下地、コントロールカラーと続きます。

日焼け止めを先に塗った場合、化粧下地が上にあるのでメイクが上手くなじみます。
しかし、日焼け止めの肌への刺激や化粧崩れしやすいというデメリットがあります。

日焼け止めの肌への刺激を緩和したい場合は、先に化粧下地を塗るという方法もあります。
この場合、メイクと日焼け止めが馴染みにくく白く浮きやすいというデメリットがあります。
メイクテクという意味では、先に日焼け止めを塗り、こまめにメイク直しをするのがいいでしょう。

正しい日焼け止めの塗り方

日焼け止めを塗る際に、重要なのはその量です。
日焼け止めの適量は、1平方㎝あたり2mgとされています。
その量を塗ってはじめて、表記されているSPF/PA値の効果を発揮することができるんですね。

ですが、この量は顔全体で言うと500円玉程度、かなりの量だと感じるのではないでしょうか?
そのため、日焼け止めを塗る際には数回に分けて、むらなく薄く塗ることを繰り返しましょう。

特に紫外線が当たりやすい鼻や頬にかけては意識的に多めに重ねるようにします。
このとき、一度にたくさん塗るのではなく、薄く回数を重ねることが大切です。
ここで日焼け止めにムラができてしまうと、ぽろぽろとはがれてきたりメイクが上手くのらない原因になってしまうので注意しましょう。
また日焼け止めを塗った後は、すぐに次のステップに進まず、最低でも5分程度肌になじませるといいでしょう。

4caae050d6dcaac16b8339d67fa93164_m

メイク直しの方法

日焼け止めは、およそ2~3時間で効果が薄れてくると言われています。
また、ベースメイクより先に日焼け止めを塗っているので化粧崩れもしやすくなっています。
そのためこまめにメイク直しをするのが、キレイな状態をキープするポイントです。

一番いいのは、化粧水をしみこませたコットンで全体を拭きとって、また日焼け止め、化粧下地と初めからメイクをすることです。
時間がかかりますが、日焼け止め効果を最大限に発揮し、肌がきれいに見える状態を保つには、この方法が最も効果的です。

 

ここまでする時間がない場合は、

1.まず、ハンカチを水でぬらしてしっかり絞り、おさえるように汗や皮脂を拭き取ります。
2.拭き取った部分に日焼け止めを塗り、パウダーファンデーションを重ねましょう。

これなら外出先や仕事の合間にでもできますね。

 

更に簡単に済ませたい場合は、先ほど同様ハンカチで汗や皮脂を拭き取った後、スプレー式やパウダー式の日焼け止めを使用すればいいでしょう。
下に行くほど簡単な方法ではありますが、汗や皮脂の状態によっては、化粧がよれたり厚塗りに見えてしまう可能性もあります。
めんどうかもしれませんが、汗やメイク崩れの状況を見て、最適な方法を選びましょう。

b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_m

古い日焼け止めには要注意

去年の日焼け止めが残っているからといって、そのまま使用していませんか?

開封して時間のたった化粧品は、雑菌が混入したり成分が変化してしまって肌トラブルの原因となることもあります。
日焼け止めはただでさえ肌への刺激が比較的強いとされています。
肌トラブルを防ぐためにも、シーズン内に使用するようにし、余ったものも次の年に持ち越すのは厳禁です。

4412a1719036130daa2f3090fb47bd1a_m

いかがでしたか?

暑い季節になると、べたべたする化粧品はあまり使いたくないので日焼け止めもさぼってしまいがちですよね。
そんな時、キレイにメイクするポイントとして、涼しい場所でメイクするというのがあります。
朝、暑い洗面所でメイクをしていませんか?

暑い中メイクをすると、汗とメイクが混ざってしまい、きれいにメイクができません。
それだけでなく、日焼け止めの効果もきちんと発揮できなくなる可能性もあります。
メイクテクニックだけでなく、メイクをする状況にも気を付けることが重要なんですね。

実行して、この夏は日焼け知らず、化粧崩れ知らずを目指しましょう。