30代になったあなたがメイク時に注意するべきポイント

012821e20261cb1bdcd6a95712fcada2_m

あなたはいつからメイクをしはじめましたか?

遅い人で20歳くらい、早い人だと中学生という人もいるかもしれません。
長い人では20年近くメイクをしていることになりますね。

30代になった今、今までと同じメイクで大丈夫でしょうか?

メイクはあまり意識しないかもしれませんが、その時々に流行があります。
その上、長年メイクをしてきた経験や癖もありますよね。

・ふと鏡を見たら、何だか今の時代に合っていないような気がする。
・若い子と見比べたらやっぱり30代を感じてしまう。

そんな方は、今のメイクを見直してみる必要がありそうです。

0418fa8658c131d5774f4467100005ba_m

ベースメイクがポイント

30代と言っても、急にシミやシワが出てくる訳ではありません
そのため、何となく今までのメイクで問題がないような気もしますよね。

ですが変わっていないようで、少しずつ肌は衰えてきています。
そこに今までと同じメイクをすると、同じメイクでも仕上がりが変わってきてしまいます。

特に20代前半の頃と比べて変わってくるのは、肌の透明感とハリ感です。
透明感とハリ感がなくなってくると、どうしても肌がワントーン暗く見えてしまいます。
かといって、ファンデーションを明るい色に変えると浮いた印象になってしまいますよね。

そんな時は、メイク下地を変えてみましょう。
パール感のあるものを選ぶとツヤ感をアップできます。
コントロールベースを活用するのもいいでしょう。

・赤みが気になるならグリーン
・くすみが気になるならイエロー
・顔色が悪いならピンク

ベースを変えることで、その後のポイントメイクの映え方も変わってきます。
ベースで肌が暗い印象になってしまうと、ポイントメイクだけが目立ってメイクが濃い印象を与えてしまいます。
ベースを整えることで、全体の印象だけでなくポイントメイクまで違って見えるんです。
そのため、まずはベース作りが大切です。

4caae050d6dcaac16b8339d67fa93164_m (2)

時代遅れにならないためには眉が重要

眉の形は見慣れてしまうとなかなか変えられないものです。
少し上の先輩の細い眉を見て、バブル時代を感じたことはありませんか?

流行りの眉の形や太さは、時代の流れと共に変わります。
時代遅れのメイクにならないためには、眉の形は流行の範囲内にとどめることが大切です。

30代になると、自分のメイクに自信も出てくるので20代前半の頃に比べると雑誌のメイクのページを見る時間が少なくなっていませんか?

たまには今流行のメイクをチェックしてみましょう。
最先端にする必要はないですが、自分に似合う範囲内で流行に合わせてみるといいでしょう。
特に太さは、流行のメイクとかけ離れないように注意が必要です。
髪の色を変えたのに、眉は同じ色のままにしていませんか?

髪の色をトーンダウンしたら、眉の色も同じくトーンダウンさせた方が自然です。
見慣れていると気がつかないかもしれませんが、改めて注意して見てみましょう。

19d87a0b9fc0980b80cf91e151c848d8_m

アイメイクはナチュラルを意識

30代になると、ばっちり過ぎるアイメイクは今まで以上に派手な印象を与えてしまいます。
アイメイクは地味にならない程度に、ナチュラルを意識しましょう

アイラインはブラックよりブラウンの方が自然に見えるのでオススメです。
しっかりと濃く引くのは問題ありませんが、太すぎ・長すぎには注意が必要です。

マスカラも、ガサガサになるまで重ね塗りするのはやめましょう。
アイシャドーは暗い色よりも光を味方にできる明るめの色を選びましょう。
特に目の下に暗い色を入れると、顔色が悪く見えるので注意が必要です。

パールやハイライトの使い方に注意

肌のツヤやハリが少しずつ失われてきているので、パールやハイライトも今までと同じ使い方をすると浮いてしまう可能性があります。
ハイライトは自然にぼかすように入れましょう。
パール感の強すぎるものより、自然な白やベージュを使うといいでしょう。

眉の下や、目を囲むようにパールを入れていませんか?

30代になってこのようなメイクをすると、無理に若づくりして見えてしまいがちです。
それだけでなく逆にくすみを目立たせてしまう可能性もあります。
少し明るさを足したいと思うなら、少し明るめのパウダーを足すなどにとどめた方がいいでしょう。

a81dee6587c9a4597182d67c2c0b789a_m

改めて似合うリップカラーを探してみるのも

リップをはっきりさせすぎると老けて見えがちです。
そのため、少し薄めのカラーを選択すればいいでしょう。

そしてリップラインを少しぼかすようにしましょう。
ツヤ感のあるグロスなどを使うと更に効果的です。
色目も、長年見慣れた色を使いがちなので他の色目を試してみてもいいかもしれません。

全体を通しての目標は、素肌美人

20代前半の目標は、可愛く見えるメイクだったり大人っぽく見せたかったりしましたよね。
30歳になった今のメイクの目標は、素肌美人です。
ナチュラルメイクで、明るく若々しい印象を作るのがポイントです。

そのためには、ベース作りを大切にしポイントメイクはおさえ目にすることが重要です。
まずは、ベースを整えた上で、最低限のメイクをしてみましょう。
そこに少しずつ色やハイライトを足してバランスを見るといいでしょう。

d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_m

いかがでしたか?

毎日続けているメイクだからこそ、変化を与えるのは少し勇気がいりますよね。
30代になって老けたと言わせないために、今の自分を受け入れそれに合わせたメイクを心がけましょう。

きっと少し変えるだけで大きく印象が変わって見えるはずです。
20代の頃よりきれいになったと言わせるために、程良く流行は取り入れて行きたいですね。