rss twitter hatena gplus

*

【あなたの肌が変わる】肌タイプ別クレンジングチェック

あなたのクレンジング、それで大丈夫?お肌に合ったクレンジングを簡単チェック

クレンジングと一言で言っても、オイル、クリーム、ローションなど、様々なタイプがありますよね。
どれがお肌に合うのでしょうか?
あなたのクレンジングはそれで大丈夫ですか?
ここでは、それぞれのクレンジング剤の特徴から、どのタイプがどんなお肌に合うのかをご紹介します。

毎日のクレンジング、一度見直してみてはいかがでしょうか?

a01

クレンジングの種類

このブログでも結構書いてますがもう一度おさらい。

・オイルタイプ
よくなじむので、しっかりメイクもスムーズに落としてくれます。
使用には少し注意が必要です。

・ジェルタイプ
メイクによくなじみ、しっかり落ちます。
弾力があり手と肌の間に層ができるので、比較的肌に優しいクレンジングと言えます。
ですがオイルに比べるとメイクになじませるのに時間がかかるため、ゴシゴシと肌に負担をかけてしまいがちです。

・ローションタイプ
コットンにしみ込ませて、メイクをふきとります。
ローションタイプ自体は肌対する刺激が少ないものが多いです。
ただ、コットンを使用するので、たっぷり使わないとどうしても肌との摩擦が刺激になってしまいます。

・ミルクタイプ、クリームタイプ
優しい使い心地で、皮脂を余分に落とし過ぎる心配がありません。
その反面、洗浄力が強くないため、メイク残りには注意が必要です。

・シートタイプ
ローションをシートにしみこませたものです。
手軽ですが、摩擦による刺激に注意しなくてはなりません。

・ポイントメイク落とし
全体のクンジングの前に使用し、メイク汚れが広がるのを防ぐ効果があります。
強力なため、肌に刺激を感じることもあります。

a02

注意すべき、クレンジング剤

ポイントメイク落としを使用せずメイクを落とす方は、オイルタイプを愛用していることが多いのではないでしょうか?

このタイプは要注意です。
クレンジング剤の中で、オイルタイプが最も肌に対する刺激が強いとされています。

理由は、大量の界面活性剤を使用しているため。
界面活性剤にはたくさんの種類があり、その多くは肌への影響はないとされています。

その中でも唯一注意しなくてはならないものが、クレンジング剤やシャンプーなど、洗浄効果のあるものです。
洗浄効果のある界面活性剤は、外部の刺激から肌を守っているバリア(皮脂膜・角質層)まで破壊してしまいます。
そのため、もちろんメイクはしっかり落ちますが、落としすぎて肌トラブルの原因となってしまうのです。

また、オイルタイプが洗浄力が強いと言っても、ポイントメイクまでは落とし切れていないことが多く、落としすぎとメイク残りが両方おこってしまうのです。

a03

肌に優しいのもを選んだら、今度はメイク残り

落としすぎがよくないからと言って、肌に優しいことだけ考えて選べばよいかというと、そうではありません。

落としすぎと同じくらい、むしろそれ以上にメイク残りがあれば肌トラブルの原因となります。
例えば、口紅などが肌に残っていると色素沈着に繋がりますし、アイメイクは肌だけでなく目のトラブルの原因にもなりかねません。

ポイントは、メイクの濃さによって使い分けること

ポイントメイク落としを利用している方は、まずこの一歩ができていますね。
そうではない人は、まずポイントメイク落としを導入しましょう。

ポイントメイクが落ちていないと、肌全体のメイクが落ちていない気がして、ごしごし肌を洗ってしまいがちです。
でも実はしつこいのはポイントメイクで、ファンデーションなどはクリームタイプですっきり落ちていたりします。

ポイントメイク落としを併用した次のステップは、その日のメイクの濃さによって、オイル~クリーム・ミルクタイプまでを使い分けることです。
「メイクはきっちり落として、肌を守っているバリア(皮脂膜・角質層)は落とさない」
そのラインを見極めることが、肌に優しいクレンジングの一番のポイントです。

a04

肌タイプに合わせたクレンジングは?

さて、ここからは肌タイプによって、どのようなクレンジング剤を利用すればよいか、ご紹介しましょう。
ポイントメイク落としを先に使用した前提で、それ以外のベースのクレンジングに関して、自分の肌タイプに合わせてチェックしてみてくださいね。

・普通肌×ナチュラルメイク
洗い流すクリームタイプがいいでしょう。

・普通肌×しっかりメイク
メイクの濃さによって、オイル、ジェル、ローションを使い分けましょう。

・敏感肌×ナチュラルメイク
洗い流すクリームかミルクタイプを選びましょう。
中でも、界面活性剤の量が少ないものを選べばより肌に対する刺激は少なくなります。

・敏感肌×しっかりメイク
ローションタイプを肌をこすらないように、多めにコットンにとって使いましょう。
ジェルタイプをゆっくりなじませて落とすのもいいでしょう。

・乾燥肌×ナチュラルメイク
クリームやミルクタイプで、油分の量が多すぎないものを選びましょう。
油分が多いクレンジング剤は肌の油分を落としてしまうので注意が必要です。

・乾燥肌×しっかりメイク
ローションタイプを肌をこすらないように、多めにコットンにとって使いましょう。
ジェルタイプをゆっくりなじませて落とすのもいいでしょう。

・混合肌×ナチュラルメイク
クリーム、ミルクタイプを使用しましょう。
混合肌はその名の通り乾燥肌と脂性肌の両方の要素があるため、べたつく部分にはオイルタイプを使用してもいいでしょう。

・混合肌×しっかりメイク
オイルタイプで毛穴の汚れまでしっかり落としましょう。
特に乾燥が気になる部分は、ジェルやローションなどを使用してもいいでしょう。

・脂性肌×ナチュラルメイク
ジェルタイプの洗い流せるものがいいでしょう。

・脂性肌×しっかりメイク
オイルタイプのもので、毛穴までしっかり落としましょう。
注意が必要なのは、脂性肌だと思い込んでしっかり洗いすぎたために皮脂膜・角質層まで落としてしまい、
その結果余分に皮脂が分泌されている可能性もあります。
一度肌に優しいものに切り替え、様子を見てみてもいいでしょう。

a05

クレンジング後はダブル洗顔を!

クレンジングをしたら洗顔はいらないと思っている方もいるようですが、洗顔は必要です。
クレンジングはメイクを落とすものであり、洗顔は肌についた汚れや老廃物を洗い流すものです。
肌に対する刺激を少しでも減らすために、洗顔はしっかりと泡立て指が触れないくらい弾力のある泡で洗うようにしてください

洗顔後に乾燥している時は、クレンジングを見直してみて!

クレンジング→洗顔後に乾燥をしていると、乾燥の原因は洗顔だと考えてしまいがちですが、多くの場合原因はクレンジングにあります。
洗顔後に強く乾燥を感じるようであれば、クレンジング剤を見直してみましょう。
一部だけ乾燥を感じる場合は、混合肌のクレンジングを参考にしてみてくださいね。

クレンジング洗顔後はしっかり保湿

正しいクレンジング洗顔で肌をきれいな状態にした後は、しっかりと保湿をするようにしてください。
メイクをしなけれは、肌をバリアする自然な皮脂膜・角質層ができ、軽く水洗いと洗顔をするだけで保湿はそこまで必要ありません。
ですが、メイクをし、クレンジング洗顔をした後は、どんなに肌に優しいクレンジングを使ったとしても乾燥するものです。
乾燥が皮脂の分泌を促し、更に強力なクレンジングを・・・と悪循環にならないためにも、しっかりと保湿をしましょう。

a06

いかがでしたか?

普段のクレンジングを見直すきっかけになったでしょうか?

クレンジング剤をここまで使い分けることってなかなかありませんよね。
でも、クレンジング、はきれいで健康的な肌になるための第一歩。

ベースをしっかり作ることで、保湿や栄養クリームの効果がぐっと高まります。
どれが肌に合っているか分からない方は、数種類のクレンジングを試して最適なものを見つけてくださいね。

adsense

rss twitter hatena gplus

2015/05/24 | スキンケア

関連記事

コラーゲンやヒアルロン酸を多く含む食品を食べてもあまり意味がない理由

コラーゲンやヒアルロン酸を多く含む食品を食べてもあまり意味がない理由

この食品にはコラーゲンが豊富に含まれています!! ついついこんなキャッ...

記事を読む

年上に見られる!30代からのおでこのシワを改善する5つの方法

年上に見られる!30代からのおでこのシワを改善する5つの方法

最近、おでこのしわが気になりだしていませんか? ・くりーむしちゅーの上...

記事を読む

【30代女性必見】大人ニキビを作らないための5つの生活習慣

【30代女性必見】大人ニキビを作らないための5つの生活習慣

今日は大事な日!という時に限って結構大きめのニキビができます。 ★思春...

記事を読む

【今から準備が重要】季節の変わり目の肌荒れ対策のポイント

【今から準備が重要】季節の変わり目の肌荒れ対策のポイント

季節の変わり目、肌荒れに悩んでいませんか? ★いつもと同じケアをしてい...

記事を読む

【最初の3日間が勝負】うっかり日焼け後の効果的なアフターケア

【最初の3日間が勝負】うっかり日焼け後の効果的なアフターケア

分かっているけど、ついつい焼いてしまいましたよ~ 日焼け対策は美容の絶...

記事を読む

adsense

新着記事

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

記事を読む

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

記事を読む

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

記事を読む

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

記事を読む

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

adsense

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント
二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント
【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント
仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ
【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け
【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑