rss twitter hatena gplus

*

【マイナス感情が抑えられない】幸福な視点・捉え方に変える3つのヒント

マイナスの感情

引きずるマイナスの感情。怒り・つらい思い出に心が疲れていませんか?

捉え方を変えるだけで今すぐ幸福論者になれる4つのヒント

★あの頃は良かったのに今は毎日いいことがない
★今まで経験したことのないぐらい人を恨んでしまった
★私って誰にも必要とされていないような…
★毎日毎日思い出だけで生きて行くのは辛すぎる

嫌な気持ちが心にとどまるのはどうしてでしょう。
人は、マイナスな感情を持つと、幸福な時よりもその場に立ち止まってしまう習性があります。

これは、マイナスな感情に抗おうとすればするほど、
納得できない自分の気持ちが邪魔して、苦しくなってしまうからです。

しかし、ずっとマイナスな考え方をしていたら、いつまでも前に進む事ができません。
いつまでも非生産的なことばかり繰り返してしまい、それがさらにマイナスの感情を増幅させる結果になってしまいます。
憎しみや怒り、そして投げやりな感情からは何も生まれません。

毎日マイナスの感情を持ち続けて生活していると

★あいつだけは絶対に許さない。いつか復讐してやる
★あの人が間違っているのであって、私は絶対に正しいはずだ

日々、これらの感情で行動していると何ヶ月か経つと心そして体のコンディションが悪くなっていくのがわかるはずです。

具体的には

  • ある特定の周囲の人に攻撃的な気持ちを抱いてしまう
  • 噂話や先入観だけで会ってもいないのに好き嫌いを決めてしまう
  • 毎日ずっとイライラで非生産的な事ばかり

そうなると、あなたのことを大切に想ってくれている人
自分の中での大事な人との関係や自分自身の心や体にもヒビを入れたりする結果になってしまいます。

嫌いな人は嫌いでいいのですが、周りに自分のせいで迷惑をかけるのだけは避けたいところ

現状維持で変化を好まない人におこりやすい

現状と変化

マイナスの感情が残りやすい人は現状維持への気持ちがとっても強い人に置き換えることができます。

自分への保身の意識
今現在が良い状態であるのならばこの状態を明日もずっと維持したいという気持ちが強すぎる人はマイナス感情が残りやすい人といえます。

しかし、この良い状態というのが崩壊してしまった時。
明日のことなど考えることもできずに過去のことにいつまでも執着しすぎてしまいます。

これが長く続けば続くほど、心身ともに疲れきっていくのは当然のことです。

疑心暗鬼や不安などの負のエネルギー・マイナスのオーラに打ち勝つにはどうしたらいいのか?
このような感情は普段からセルフコントロールできるようにしておきたいものです。
ちょっとの考え方の転換で、プラス思考に・・貴方を幸福論者にしてくれる5つのヒントをご紹介していきましょう。

いつまでもマイナスの感情を残さないための5つのヒント

mainasu2

自分の中で怒りや憎しみなどのマイナスの感情、オーラが出てしまったときはどうしたらいいのでしょうか?
マイナスの感情というのは人であれば必ずあります。ポイントとしてはその感情を向ける方向性。

どこに向けるのかさえ間違えなければ引きずりがちで厄介なこの感情もコントロールすることができます。

1,【視点を180度】物事を見る方向を変える

例えば、初めて恋人に振られるという経験をしてしまった女性を例に挙げてみてみましょう。

「なぜ、私がこんな仕打ちを受けなければいけないの?」

マイナスな感情にとらわれていると、1人になってしまった淋しさや、納得できない悔しさがついてまわり、心が「なんで?なんで?」と同じところをぐるぐると考え続けてしまいます。

しかし、考え方を少し違う視点から考えて見てください。

【これによって、自分の中でどのような変化が起きたのか】

もし、この別れがなければ、恋人から振られるという経験をする事が無いまま生きて行くことになったでしょう。
振られたらどんな悲しい気持ちになるのか、どんなに辛いのか自分の身をもって体験する事ができたのです。

この体験というのは、人生においてとてもプラスになります。

なぜなら、人の気持ちを心から理解する事ができる優しい人に変われるから。
貴方は苦しい経験をしたかもしれませんが、それは貴方が人間的に成長できた証でもあるのです。

2,辛い記憶を上塗りする

先ほどの恋人に振られてしまった人の例でまた考えてみましょう。
恋人と、行った思い出の旅行先、飲みにいった居酒屋。一緒に聞いた音楽。

正直、その場に行くだけでも辛く、泣き出したい気持ちになってしまう人もいるかもしれません。
しかし、人は記憶を新しく塗り替えて行く事ができる事を忘れないで下さい。

そして、脳の記憶は不思議なもの。
嫌な記憶を排除し、楽しい記憶を留めておこうとする仕組みになっているのです。
よく「時間が解決してくれる」といいますがまさにこれと同じことです。

思い出の旅行先に、気のしれた何人かの友人ともう一度旅行に行き、ワイワイと騒いだ楽しい記憶で嫌な思い出を塗りつぶして行ってください。

その場所で、新しい体験をする事で脳が刺激され楽しい方を優先する頭に切り替わるのです。

辛いからと、感情に抗う。
これはいつまでもその記憶を留めておいてしまうという悪循環を引き起こしてしまうのです。

3,忘れたいと思わない。思い出すことで幸せに

貴方は、「しろくまの実験」という心理学の有名な実験を知っておられますか?

人を集め2つのグループを作ります。

この際1つ目のグループには何も言わず、
2つ目のグループにだけ「このしろくまの事をけして考えないでいてください」
と言っておくのです。

後日、どちらがしろくまの事を考えているかと言うと、「考えないでいてください」と言われたグループだったのだそう。

この実験からもわかるように、考えないようにしなくてはと思えば思うほど、頭に浮かんでしまうのですね。

嫌な記憶は、どんどん思い出し、そして口に出しましょう。
自分の記憶や感情を整理することでしか前に進む事はできないです。

4,思い出してしまったらチャンネルをチェンジする

どうして私たちは、嫌な事を思い出しどんどんマイナス思考になっていってしまうのでしょうか。

マイナス思考になり、胸を痛めている人のほとんどは、嫌な記憶を引っ張り出し、その記憶を追求していく作業を無意識にしてしまっているのです。

例えば、人に理不尽な扱いを受けたことを考えている時など。
ただ嫌だと考えるだけでなく、自分が我慢した状況や、感情を一度に思い出してしまいますね。

それが記憶の追求です。
幸せな事は感情で受け止めるのですが、嫌な事は、どうしても頭で考えてしまいがち。
どうしてなんでと結論が出ないことをいつまでも考えているのは得策とは言えません。

【頭の中のチャンネルをチェンジ】

そんな時、どうしたら良いのか。それは、違うことを瞬時に考える癖をつけることです。
マイナスな記憶の追求を始めそうになったら、突拍子もない事を考えます。

「あ!お風呂に入りたい」とか、
「美味しいケーキ屋さんどこだったかな?」とか。

その練習を続けて行く事で、自分がマイナス思考になる瞬間も掴めてくるようになります。

5,どんどん外に出す

あなたは良いことがあったとき、うれしいたのしいなどのクラスの子感情は両親や友人などと共有しようとするのではないでしょうか。

友人たちと飲みに行ってるとき、遊んでいる時などこのような感情は自然と外に向かって出て行っているものです。

しかし、マイナスの感情はどうでしょうか?
あなたの心の中だけにとどまっていないでしょうか?

このような感情を外に出すには結構勇気がいると思うのですが、マイナスの感情もプラスの感情と同じく、どんどんと外に出していくべきです。
なぜなら、そうすることによって自分を肯定することができるから(明らかな間違いは除く。)

例えば自分が間違っていると思ったことははっきりと間違っているということ。
周りにも共感してもらえるのならばそれはあなたにとって大きなプラスとなって返ってくるはずです。

しかし、いつもいつもこの話題ばっかりしていると周りにウザがられますので、一回での切り替えが必要です

自分の中だけにしまっておかず
プラスの感情と同じようにマイナスの感情もどんどんと外へ出していくことをお勧めします。

まとめ

  • その感情に対しての視点を変えてみる
  • 楽しい思い出を作ってその記憶の上塗りをする
  • 忘れたいと思わない
  • 思い出してしまったらすぐに別の事を考える癖をつける
  • プラスの感情と同じく、どんどん外へ出す

今回は、貴方が今すぐ幸福論者になれる5つの方法を書いていきました。
不安な気持ちや、悲しい気持ち、怒りや恨みなどのマイナスな感情。

これらは、自分の捉え方を少しだけ変える事でガラリと色を変えます。

マイナスの感情

【一番やってはいけないのが、それを理由とした怠けや怠慢です。】

幸せになる第一歩は、自分の感情から逃げない事だと思います。
そして性格を変化させたいのであれば今の生活にも変化を好むこと。

こんな最後まで読んでくれたあなたは今。
日々の生活の中で非常に大事なことに気がつき自分を変えようとされているはずです。

  • 自分のマイナスな感情を自分の一部だと認めてしっかりと受け止める。
  • その上で改善するため考え方を変える努力をする。

二段階に分けて心の負担を軽くしてあげる事。

マイナスの感情は否定すればするほど心の中で大きく膨らんでいきます。
しかし、認めてあげて時間がたてばいつの間にか消えてなくなっているものです。

そしてそれがいつか必ずプラスへの感情につながっていきます。

それが出来た時、貴方はいまよりずっと素敵な人へ成長する事ができるはずです。

adsense

rss twitter hatena gplus

関連記事

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

記事を読む

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

記事を読む

スマホ依存が引き起こすあなたへの恐ろしいデメリット10つ

スマホ依存が引き起こすあなたへの恐ろしいデメリット10つ

常にスマートフォンがある生活じゃないと落ち着かない ★ソーシャルゲーム...

記事を読む

【初めての転職】狙い目の時期や採用率を上げるためにチェックしたいポイント

【初めての転職】狙い目の時期や採用率を上げるためにチェックしたいポイント

初めての転職、何をどうしたらいいのかよくわかりません。 そんな独身女性...

記事を読む

【事務職の女性へ】エクセルやスプレッドシートで使えるショートカット7選

【事務職の女性へ】エクセルやスプレッドシートで使えるショートカット7選

エクセルをさらに便利に!Googleのスプレッドシートも使いこなそう。...

記事を読む

adsense

新着記事

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

記事を読む

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

記事を読む

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

記事を読む

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

記事を読む

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

adsense

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント
二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント
【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント
仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ
【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け
【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑