【マイナス思考は直らない?】ネガティブな性格を1週間でプラス思考に変える方法

何をやっても失敗

何をやっても失敗

常にマイナス思考の考え方から抜け出せない場合はどうしたら良いの?

★今日も◯◯できなかった。
★今回もまた失敗してしまった
★最近やること何もかもうまくいかない

ネガティブな感情に一度なってしまうと、そこから這い出すのは至難の技です。

マイナスの感情が、さらにマイナスな考えを呼び、もう考えが同じ所で止まってしまうような感覚さえしてしまいますね。

ネガティブな気持ちをコントロールする方法があったらどんなに心が軽くなる事でしょう

ネガティブシンキングのスパイラル。これを打破するにはどうしたらいいのか?いちばん簡単な方法をお伝えします。

「感謝日記」を毎日書く

できれば朝起きた時と寝る前に書きたいところですが
日記という名前が付いているので夜寝る前でも構いません。

小さいメモ帳にたった3行の文字を書くだけ

その日その時に、感謝できたこと、ラッキーだと思ったこと、努力したこと、
これを必ず3つ毎日書くようにします。

思いつかなければ、本当にどんな事でも大丈夫。
例えば、

  • 会社に遅刻しなかった
  • 二日酔いにならなかった
  • 今、おなかいっぱい食べることができている
  • 明日からも頑張ろう

このような、端から見たら感謝やついてるとは言えない事でもどんどん文字にしていきます。

深く考える必要は全くありません。そして、何の感情を込めなくても大丈夫です。

こうすることによってあなたのマイナス思考の根本的なところがどんどん改善されていきます。

ではなぜ、この感謝日記が有効なのか?

マイナス思考の根本的なところは

良いところを見ずに悪いところだけ見てしまうこと

プラスの出来事があってもマイナスに変換して処理してしまうことです。

  • 感謝するところがあってもそれが見えていない
  • 頑張ったところがあっても当たり前だと思っていて気付いていない
  • 幸せは感じられず不幸な事しか感じられない体になっている

これが問題です。

だから、何か新しいことを始めようと思ったときにもマイナスのことしか頭がよぎらず、それがブレーキになってしまって何もできなくなってしまいます。

という事は、

どんな事でも別の側面を見てプラスに変換して処理してしまう能力さえ身に付ければネガティブ思考に陥ることは絶対にありません。

だから、嬉しかったこと ついてること 頑張ったことなどを
毎日強制的に3つ書き出す習慣にする

わけなのです。最初は難しいかもしれませんがこれを繰り返していくと、強制的にポジティブシンキングになり頭の中はポジティブな事しか考えられなくなります。

書き出す数は多ければ多いほどいいのですが、
あんまり頑張ってやりすぎても続かないので最初は3つ

とにかく1週間夜寝る前だけでもいいのでやってみてください。

ネガティブな事はプラスにも考えられる

有名な話でコップの水の話がありますが

もう半分しかない。
まだ半分もある。

どちらとも取れます。しかし、ネガティブ思考の人は必ず、悪い方向に物事を捉えてしまいます。

仕事が終わるまでも3時間しかない
仕事が終わるまでまだ3時間もある

こんな感じですよね。

だから考えるベクトルそのものを変える必要があるのです。

でも、ネガティブ思考の回路が身についてしまっているとなかなかすぐに切り替えは難しい
なので、朝昼版と練習するわけですね。トレーニングです

別に紙に書かなくてもスマートフォンのメモ帳などでもいいですのでやってみてください。

大切なのは毎日続けること

毎日やっていると、 1週間ぐらいでポジティブな考え方ができる人間に切り替わります。
そして、朝、顔を洗うことや歯を磨くことのように
忘れたら気持ち悪いというぐらいになったらもうそれはあなたがポジティブシンキングの人間になっている証拠です。

大切なのは、治らないと嘆いてばかりいずにまず行動に移してみることです。
それができるようになったとき、自分がいかにくだらないことで悩み無駄な時間を浪費していけたのかがわかるようになると思います。

いちばんいけないのは考えすぎて何も行動できないこと。
気持ちをポジティブに切り替えてなんでも行動できる人間になりましょう。

まとめ

ネガティブ思考を治すには

  • 毎日ポジティブなことを考える習慣をつける
  • その習慣を数多く持つ
  • 日記のように紙に残す(iPhoneのメモ帳でもOK)

でも、いきなり日記を書けと言われてもハードルが高いのでとりあえず良かったことの箇条書きでいいので3つぐらい書いてみてください。慣れてきたら日記にしてもいいじゃないですか?

各内容はプラスの内容であれば何でも構いません。

  • 感謝できること
  • 嬉しかったこと
  • ラッキーだったこと

また、自分にとって重大であるかないかはあまり問題ではありません。とにかく書き出してみる。そうすることにより、どんどん自分の脳みそがプラスのことしか考えられなくなっていくのがわかるはずです。