【ぶりっ子は男性になぜウケる?】ぶりっ子が嫌いな男はいない2つの理由とやってはいけないポイント

やり過ぎなければぶりっ子が嫌いな男はいない

皆さんは、意中の人をゲットしたいと言う思う時に自ら行動を起こしたことはありますか?

ある人は、お色気作戦を実行するかもしれません。

ある人は、清楚なお嬢様風を演じるという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、男性に一番ウケが良い行動は実は「ぶりっ子」だという事を知っていましたか?

これを聞いて、「嘘でしょう」と思った方も多いのかもしれません。

しかし男性の本音を聞くと実に多くの方が「ぶりっ子」が好きと答えています。
今回は、なぜ多くの男性がぶりっ子が好きなのかという観点でお話しを進めてみたいと思います。

※この記事中のぶりっ子は「あからさまなぶりっ子」ではなく「愛嬌がよく演技ができる」程度のぶりっ子を指します。
少しぐらいのぶりっ子なら私もいいと思うのですが、いき過ぎたぶりっ子・ひかれているぐらいのぶりっ子は男女ともに嫌悪感を覚えますので

「ぶりっ子嫌い・ムカつく」という女性も多いですがそれについては後ほど記述します。

ぶりっ子が嫌いな男はいない2つの理由

その1:サービス精神旺盛

ぶりっ子と言うのは、サービス精神が旺盛な女性を指す言葉でもあります。

同じ同性の女性から見たら「男に媚びている」と思われる行動も
男性から見たら「アイツ気が効くじゃないか。」という風に捉えられている事が多いです。

なぜなら、ぶりっ子と言うのは、相手の願望を上手に叶えてあげれる天才でもあるからです。

「ぶりっこって男性のためにやってるもの」

男性が今何を思っているか、何をしてもらいたいか、どういう風に受け答えしてもらいたいかをいつも観察しています。

そしてそれをしっかりと行動に移せる女性でもあるからです。

ほとんどの女性が男性の前では態度が変わる
女性はある意味みんな女優です。

「なのでこれは当然のこと」

その2:わかりやすい行動は男性に好かれる

男性は、女性が思っているよりずっと小心者です。

例外もありますが、殆どの場合、男性から女性にアプローチをかけますよね。

その時に、女性がツンツンした態度をとっていたらどうでしょう。

どんなに気に入っているタイプの女性だとしても、「俺は嫌われているのかもしれない。」と弱気になってしまい、アプローチをする事ができなくなってしまうものなのです。

ぶりっ子は、そこを熟知しています。ですので、相手に誘われやすい行動をしっかり取ることができます。

口には出さないものの行動で、「私は、貴方が好きなのよ。」と言うアピールを上手にする事ができるのです。
(これ、ものすごく重要です)

すると、男性はどうでしょう。

そのぶりっ子の女性が自分の少々タイプから外れていたとしても、「俺の事好きみたいだし、この子にアプローチしてみようかな。」という気になるのです。

傷つきたくないと言う男性にはとても有効的なテクニックだと言えるでしょう。
これを天然で出来る人は一種の才能です。

NGぶりっ子について

男の前では可愛いのに女の前ではあからさまに態度が悪い

男の前で可愛くみせようとするのは試してほしいことの一つですが
同性の前では態度悪いのはイヤですね!

これははっきり言って敵を作るだけなのでやめたほうがいいです。

同姓にまでぶりっ子するのはどうかと思いますがあからさまに態度悪いのは誰にも好かれないです。

ぶりっ子の理想は「女の子らしく振る舞えばいい」
ただそれだけです。

「男女の前で態度が180度変わるのは敵を作るだけなのでおすすめしない。話していて気持ちいいと思える愛敬がある人を目指そう」

演技が下手すぎる

自分では良かれと思ってやっていても
「下手な2流女優のような演技」
は男性も

「分かってしまって白けます」

また、「超」がつくほどの過剰ぶりっ子も嫌われます。
あくまで自然を目指して!

他人のぶりっ子批判をする

これだけは絶対にやめましょう。
ありがちなのが

「自分もぶりっこしているのに他人のソレを非難する女性」

人の悪口を言う人でほんとうに人に好かれる人はいません。

「ぶりっこ女」の事を否定する女性

★ほとんどの女性が男性の前では態度が変わる

同性と異性の前で態度が変わるのは当然のことでこれを
「嫌い・ムカつく」というのはある意味演技できるその人の演技力の僻みにしか取れません。

「そうはいっても騙されている男性が…」

という反論意見もあるでしょうが
男性もある意味
「その娘の演技を楽しんで受け入れています。」

男性も100%騙されているわけではなく分かっている部分もあるんです。

その上で
「表面だけでも女の子っぽいほうがいい。
中身までブリブリじゃないことなんてこれまでの経験上分かっている」

なので、

ぶりっ子をムカつくという行為は

すっぴんの人が化粧がうまい人に対して

「ただ、化粧してるだけなのにごまかされる男ってバカ?」

といっているのと何ら変わりはありません

「ぶりっこの女の子にイライラするのも分かる。
でも、そのような可愛い子ぶる人にやたらと刺々しい態度をとる女性も端からみたらなんだか痛々しい

というのが男性の本音です。

ぶりっ子は同姓に嫌われるからやりたくない

★「たくさんの男からチヤホヤされたい浮気モノ女」
★「合コンでぶりっこの魔の手に釣られているいる人を見かけます。」

そんなふうに指摘する人はほっておきましょう。
ただ、あなたが男性の前で態度を変えられるという演技力が羨ましいだけです。

ある意味、ないものねだりなのかもしれません。

ある男性が言っていました
「ぶりっ子が嫌いと言う女で、「いい女」を見たことがない。」

たしかにそのとおりだと思います。
だいたい、モテる女性・いい女と言われる人は

「自分以外の女性を口に出してけなしたりしません」
なぜなら
「日常生活でそんなことをする必要がないからです」

「自分はそうじゃない」というアピール
いい女はそんなアピールをするまでもなく、いい女です。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、ぶりっ子がなぜ男性にウケが良いのかと言う二つの例を上げてお話ししてみました。

男性が親しくない女性と、まず、仲良くなるためには相手に

  • 「私は、貴方を嫌いじゃないですよ」
  • 「好意を持っていますよ。」

というアピールをする事が大切だと言えます。(言葉にすることなくさりげなく)

ぶりっ子をする女性は、正直女ウケはしません。

ですが、意中の男性を射止めるための作戦として用いる事はけしてマイナスではないと思います。
素敵な恋をゲットするためにぶりっ子作戦を試してみてはいかがでしょうか?