ベースメイクはファンデだけじゃない!ベースメイクの5つの基本手順とその疑問を解説

ベースメイクの手順

・アイメイクもチークもハイライトもシェーディングパウダーも全部やってるけど唯一ベースメイクだけがわからない人
・ニキビ痕や毛穴がいまいちカバーしきれていない人
・ベースメイクはファンデーションのみを使っている人

日頃から帰るお肌のトラブルを
上手に隠して綺麗な肌に見せてくれるのがベースメイクです。

ベースメイクは未だにファンデーションだけだと思っていませんか?

ベースメイクはすべての基本です。

しっかりと使いこなすことができればこれだけで自分の理想のお肌にぐーんと近づくことができるので
メイクをしてもイマイチ自分の理想の肌に近づけない人は一度ベースメイクを見直してみてください。

ベースメイクの5つの基本手順

1,化粧下地

肌の表面の凹凸を整えて
気になる毛穴やシミをカバーファンデーションのノリと持ちが格段によくなります。

2,コントロールカラー

ハイライトともいう。
肌の赤みくすみなど、主に
ムラがある部分を綺麗にカバーしてくれるもの
肌に透明感を与えたり、健康的な肌に見せてくれる効果がある

3,ファンデーション

肌に透明感やつや等を与えてくれる
スキンケアの後いきなりファンデーションから始める人が多いがそれでは効果が半減してしまう
必ず下地等でベースを整えて
厚化粧にならないナチュラルメイクが基本です。

4,コンシーラー

下地やファンデーション等で隠せなかった
大きなニキビ跡やクマシミなどの肌トラブルを部分的にカバー

全体に使うものではない。
明るい色みのものはハイライトとしても使用可能。

5,フェイスパウダー

お粉、プレストパウダーともいわれる。
ファンデーションの崩れを防止してくれる
自分になりたい肌への質感をプラスすることができ
メイク直しにも使用することができる。

以下、ベースメイクの素朴な疑問について

化粧下地は使うべきなのか

絶対に使うべき

ファンデーションの前の下地は使っていない人のほうが多いというデータもあるくらいですが
下地を使うメリットは何もシミやくすみを隠すだけではありません。

ファンデーションのノリと持ちを格段に良くしてくれる効果があるので

乾燥肌でファンデーションがいまいちノリが悪い方

崩れやすくお昼になるともう化粧直しが必要になってしまう方は一度
下地を使ってみてください。

保湿効果や紫外線をカットする効果もあるので本当にいいことずくめ

下地だけで肌の悩みはかなり解消します。

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションの違い

手軽にメイクを楽しむならば、パウダーファンデーション

カバー力で選ぶならばリキッドファンデーション

パウダーファンデーションはメイク初心者の方、脂性肌の方にお勧めです。
気軽さや肌への優しさで選ぶならパウダーファンデーション

季節的には春夏向け

リキッドファンデーションは肌にぴったりと密着してカバー力がとても高いのが特徴。
立体的なつや肌の陶器肌をつくり出すことができます。

パウダーファンデーションよりは崩れにくいですが、
崩れた時が汚いのが残念なところ

季節的には秋冬向け

ブラシとパフの使い分けについて

顔全体にファンデーションを均等にふんわりと載せたい時はブラシ。

逆に肌にしっかりと密着させて毛穴やシミをしっかりカバーしたい時はパフ。

といっても肌のタイプによって
かなり仕上がりが変わってくるので
一度2つとも試して自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

ファンデーションの色の選び方について

初めてのメーカーのものはまず標準色でテストしてみる

色タイプで代表的なものは赤色系と黄色系に分けられます。

ピンク系とオークル系と言われています。
(化粧品メーカーによって呼び方は本当に色々あります。)

まず、欲しいメーカーのファンデーションを標準色でテスト

実際にテストしてみる時は首ラインでテストしましょう。
首にも馴染む色があなたに一番合った色になります。

ファンデーションの色はメーカーによって5~6種類ぐらいのところがほとんどですから、一度自分の肌の傾向を見つけてしまえば迷うことはほとんどないと思います。

【これだけは避けたい!】
ファンデーションの白浮きは本当にみっともないので
選ぶときはどちらかというと暗めの色にしておいて、

首の色に合わせるぐらいが無難。

そして下地やパウダー等のハイライト系で調節する方が立体感のある肌に仕上げることができ、
おかしいことにならないと思います。

まとめ

ベースメイクは

1,下地

2,コントロールカラー

3,ファンデ

4,コンシーラー

5,フェイスパウダー

しっかり使いこなして憧れの美肌、ナチュラルメイクを!