【ノーズシャドーの入れ方】鼻が低い方でもスッとした鼻筋を簡単に作れるメイク

ノーズシャドーとハイライト

鼻筋を通したい!ノーズシャドーとハイライトの入れ方

ノースシャドーとハイライト

23歳社会人の小阪さんは鼻が低くてちゃんとメイクしてもイマイチ顔が華やかな印象にならないのが悩み…

★鼻が低くて団子鼻
★鼻ぺちゃで小鼻が広がっている
★鼻筋が通ってなくのっぺりした顔
★目と目が離れている

そんな小阪さんの鼻はハイライトとノーズシャドウを入れるのがオススメです。

鼻を立体的かつ高くすっきりとした筋が通った鼻に見せてくれます。
がっつりメイクしても負けない華やかな印象の顔が作れますよ

個々の役割について

ノーズシャドウ

眉間から小鼻にかけて両方の鼻筋に使用します。
鼻が高く見えるというメリットがあります。

色は暗いブラウンやベージュ系などを使用し、
立体的な鼻筋を演出
アイブロウパウダーとセットや兼用の物が一般的。
色の濃すぎるものや付けすぎると、不自然になるので薄いものを!

EyePowder

色白の人はどうするの?

暗めのパウダーファンデーションをノーズシャドウとして使う

色白の人はアイブロウパウダーだといかにも「いれた」感が出てしまうので
パウダーファンデーションの濃い色を使用するほうがより自然に仕上がります。

ハイライト

鼻筋の中心に一筋いれます。
顔にメリハリをつけるために使用します。
白やクリーム色が一般的

鼻筋

ノーズシャドウやハイライトって意味あるの

鼻がコンプレックスの方は劇的に顔が変わる

もしあなたが鼻筋が通っていなくて、
なんとなくのっぺりとした印象の顔であるならば、
ノーズシャドーやハイライトで
本当に印象が変わります。

ベースメイクの後特に気を使わなければいけないのが眉毛と鼻筋です。
まずはハイライトから入れていきましょう

まずはハイライトで鼻筋を立体的に

眉間から結構しっかり
キュッと鼻筋が通ったしっかりした顔立ちなることができます。

ホワイト系のハイライトとして売っているものを
軽く1本入れるだけで鼻がすっきりとして見えます。

ギャルっぽい仕様に見せたいのならな白

大人の女性の演出がしたいのであれば真っ白よりクリーム色のハイライトを

ノーズシャドー

ハイライトだけで足りない場合
ブラウン系のアイブロウパウダーを
両鼻にシャドウとして入れます。

濃すぎると大げさに言うと椿鬼奴さんのようなメイクになってしまうので
自然になるように入れすぎないことが重要です。

ただつける位置などは椿鬼奴さんを見れば非常に参考になると思います。

ブラウンでも、
ベージュっぽいできるだけ薄い色を選ぶようにしましょう。
ポイントは肌よりもワントーン暗めの色を入れること

コンシーラーの使い方がポイント

普通は鼻筋にはあまりコンシーラーを入れるものではありませんが
鼻を立体的に見せたいときは
ハイライトを使う前にコンシーラーを鼻筋に乗せるとよりハイライトが綺麗に見えます。
また、崩れの防止にもなります。

コンシーラーを鼻に乗せた後、ハイライトを乗せてあげて
パウダーファンデーションで仕上げます。
これで影がつかない場合は
最後に鼻筋の両サイドに自分の肌よりワントーン暗い色のシャドウで影をつけます。