rss twitter hatena gplus

*

【ウィッグを自然に見せる】境目問題・重すぎを解消するコツや手入れの方法

wig
23歳の会社員あおいさん。
普段はショートなのでオシャレにアレンジできるウィッグでイメチェンしたい。
でも悩みはウィッグって自然に見せるのが難しいこと

周りの人は皆不自然になっている

★ウィッグを自然にみせるコツはありますか?
★とにかく「自然」「バレない」この2つが重要
★普段使いもしたいので、違和感がないようにしたいのですが…

ウィッグはエクステと違って言ってみればかつら。

・簡単に色々なヘアアレンジが楽しめる
・寝ぐせがあっても抑えられる
・コームやヘアピンで留めるだけなので手間いらず

パーツ別のものもたくさん出ていてウィッグで気軽にイメチェンしてる人たくさんいます。

今回はウィッグを自然に見せるコツなど

自分にあった組み合わせを見つければ職場でもどこでもほぼバレないで気軽に色々なヘアスタイルを楽しむことができますよ。

「毎回違った自分になれる!それがウィッグの魅力です」

フルウィッグかハーフウィッグかどっちが自然?

フルウィッグのほうが自然。ですが…

まずハーフかフルかですが、やはりフルの方が圧倒的に自然にみえます。
しかしフルウィッグは
「値段が高い」(安いものは学芸会のかつら並)
「顔が大きく見えてしまう」
「夏は蒸れるし手入れも大変」

などがデメリット。
しかし自然にという点では絶対にフルウィッグですね。

【ハーフは小物でカバーする】

ハーフや前髪ウィッグなどのポイントウィッグはどうしても地毛との境目がネック
自分の髪質やカラーにバッチリ合えば別ですが
そんな自分の毛にあったウィッグを見つけられる人は本当に運がいい人。

まったく自分の髪質や色と違うものをつけてしまうと
付けているのが一目瞭然です。

ハーフウィッグの境目を自然に見せるにはみなさんやっておられると思いますが
やはり幅広のカチューシャが絶対に必要かと

もしくはスカーフ・帽子・大きめのワンポイント(リボン)などでも髪の毛の色が近ければほぼ分からなくできます。
もしあなたが帽子が好きな人であれば
帽子をかぶっていれば全く不自然にみえなくなります。

【簡単で自然】カチューシャつきのハーフウィッグ

3秒で自然に見える

忙しい人で簡単に装着したいのならばカチューシャや三つ編みがついたハーフウィッグが最近人気ですね。
これならより自然に見せることができますし
「自然に見せたいけど手間を掛けたくない」
のであればカチューシャつきのハーフウィッグがおすすめです。

明るいウィッグはバレやすい

ここでいう明るい色とはライトブラウン系の色のこと
イメチェン!でものすごく明るい色を選びたい気持ちはよくわかりますが
できれば自分の髪の色よりも少し暗めの色のほうがより自然に見えます。
なので黒の人が明るいめの色を選ぶと仮装大会のようになってしまいますので注意です。
眉毛の色なども考慮してやり過ぎない自然な色を選ぶようにしましょう。

顔全体を大きく見せないために

自分の髪の毛のまとめ方が重要

特に着けるときの毛のまとめ方がかなり重要です。
ただ単に縛るのではなく、編み込みにするとボリュームが抑えられます。
できる限りきつく、頭皮に沿わせる感じ
頭のラインがしっかりと出るよう
にします。
そうすることによって地毛の厚みが収まります。

編みこんだ後にネットを被るのは当然。
ウィッグを被った後、アジャスターをできる限り締めましょう。

そうすることによりよりボリュームが抑えられしかもズレなくなるというメリットもあります。

少しスタイルをアレンジするだけで変わります

ウィッグはそのままなにもしないスタイルも可愛いです。
でもより自然に見せたいならサイドの髪を耳にかけたりする。
ホンのちょっとしたアレンジをした方が自然です。
ウィッグの特有の重さも抑えられて清潔感があります。

キノコヘアみたいにならないために

水泳キャップがおすすめ

よりボリュームダウンしたいならウィッグ用のネットの代わりに競泳用の水泳キャップを被りましょう。
最近は水泳帽型のネットなんかも発売されています。
ネットの上からでもいいですしネットなしでもOK。

地毛が抑えられて自然にウィッグをかぶることができます!
また、ネットは上手く装着できずに不
自然になってしまうという方にもおすすめ。

色は肌色に近いものを!あまりハデな水泳キャップは金髪ウィッグ・白髪ウィッグの場合は透けちゃいますので

頭頂部にボリュームが出ない

ヘルメットのようにペタンコなる悩み

てっぺんのボリュームを出したい部分の毛。
1束ずつとって、
ブラシで内側の毛を毛先からとかして逆毛のような状態に!
一度くしゃくしゃに逆立ててから手ぐしで表面を整えるとペタンコのヘルメットのような状態を防ぐことができます。

前髪・襟足ゾーンが浮く

自分の顔自体が小さい・被るのに慣れていない・テクニックが要る・頭の形と全く合っていない等

ネットを使わずピンで止めていませんか?
頭頂部がモコモコしていませんか?

まとめた地毛を一箇所に集中させてしまっていませんか?

こんな時はやはり、ネットや水泳キャップのほうがピンで留めるより自然に馴染みます。

ネットを被っても浮いてしまう場合は
浮く位置に地毛を集中させておいてからネットを被ります。
ネットを被ってから襟足を収めるのは毛が横に集まってしまいます。
被る前にある程度形を作っておくことも重要です。

前髪が重すぎる

ハサミを入れよう

・特に前髪ウィッグは買った時のままだとかなり不自然な場合が多いです。
ウィッグを購入したら、自分のボリュームと相談してすきバサミをいれてみてください。

すくコツは指でくるくると毛束を作って真ん中に1回、毛先に1回。これでOKです。
くれぐれも根本からすきバサミを入れないように!

同じ所を何度も切らずに
毛の量が多くて気になる所の内側と外側が均等になるように注意して下さい。

テカテカにテカりすぎ

必ず耐熱ウィッグを!

非耐熱はテカテカナイロンの人形のような毛質であることが多いです。
なのでより自然に見せたいのであれば耐熱のものの方がいいです。

非耐熱ウィッグは安くてが魅力ですが、絡みやすくほどけにくいので
やはりケチらずに耐熱タイプを選びたいトコです。

耐熱ウィッグでもテカりが気になる場合

マットワックス

非耐熱は論外ですが耐熱ウィッグでも結構不自然な艶が出ます。
自然はマットワックス(つや消し)でなじませる方法があります。

つやを適当に抑えることができるので使える黒や茶であれば使える技。

つむじが不自然

帽子か太めのカチューシャでつむじ部分を隠してしまう。

つむじは安いやつだとどうしても見る人が見れば分かってしまいます。
人毛を使っていてつむじが自然に見えるもの、バレにくいものはやはり1万円以上します。
ただし、これは女性から見ての話で男性は自分で女装の趣味などがある人でない限りほとんどばれないでしょう

自分の毛の量に合わない

装着した状態で一度だけ美容院で切ってもらう

★すごくモコモコ
★厚みがある
★ウィッグが浮いてる状態
★後れ毛(おくれ毛)が顔から離れすぎて不自然

ウィッグはオーダーメイドではありません。

基本誰が被っても似合うように作られています。
購入した人全員が調節しやすいように
あらかじめ量は多め・長さは長めで作ってあります。
そのために購入したままの状態ではどうしても自分の髪になじまず不自然さが出ます。

これを防ぐには自ウィッグをつけた状態で美容院でカットしてもらうのが一番よい方法です。
自分でカットするのが苦手な方やあまりにも不自然になる方は
普段行っている美容院でカットしてもらうと自然な感じになりますよ。

ウィッグの手入れ方法

特に高価なウィッグを購入した時は手入れもしっかりと!
安いやつならば諦めもつきますが
ウィッグは高めのいいやつを購入しても手入れしないとすぐにダメになります

使い終わったらスタンドにかける、汚れたら洗うなどちゃんとケアすれば長期間もちます。

手入れは基本的にはシャンプー&リンスでOKです。
ウィッグ用ブラシもあるとよりイイかもしれませんね。

ウィッグが汚れた場合には、

【シャンプー】
・シャンプーを適度に混ぜたぬるま湯にウィッグ10分程度つけおき
・その後自分の毛のように優しく洗う
・洗い流す

【リンス】
・リンス溶いたぬるま湯に20分つけおき
・洗い流す

タオルドライの後ドライヤーで乾燥させて、ブラッシング

最後に

ファッションウィッグはメイクより劇的にイメチェンできる一番手軽なアイテム。
より自然に見える自分なりのやり方を見つけて好きなときに好きなヘアスタイルを楽しみましょう!
参考になれば嬉しいです。

adsense

rss twitter hatena gplus

関連記事

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

記事を読む

【顔が大きく見える】丸顔をメイクだけでシャープな小顔にみせる5つのコツ

【顔が大きく見える】丸顔をメイクだけでシャープな小顔にみせる5つのコツ

日本人には、もともと丸顔の人が多いようです。 丸顔の人はかわいさを強調...

記事を読む

【肌が荒れないその理由】問題肌にこそミネラルファンデーション

【肌が荒れないその理由】問題肌にこそミネラルファンデーション

自分に合ったファンデーションを選べている自信がありますか? 巷にはリキ...

記事を読む

【ドロドロは嫌】汗かきの人の夏のメイク対策

【ドロドロは嫌】汗かきの人の夏のメイク対策

いよいよ暑い夏がやってきました。 汗をかくこの時期になると気になるのが...

記事を読む

顔のバランスを良くするメイクテク~目の位置が高い人編~

顔のバランスを良くするメイクテク~目の位置が高い人編~

自分の顔にコンプレックスがあると、自信が持てませんよね。 特にパーツの...

記事を読む

adsense

新着記事

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

記事を読む

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

記事を読む

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

記事を読む

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

記事を読む

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

adsense

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント
二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント
【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント
仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ
【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け
【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑