rss twitter hatena gplus

*

【切れ長で大きな目に】一重の方がアイラインをひくときの6つのポイント

【一重まぶたのアイライン】細く描いても太く描いてもだめ!じゃあどうしたら良いの?
eyeliner

29歳派遣社員の美佐さん。
一重でアイラインをどうして引いたらいいのか悩んでいます。ラインを太く引きすぎると目の周りが真っ黒に
なっちゃって濃くなってしまいます。でも細く描くと分からないし…

『細く引くとまぶたが重なるので全然見えない』
かといって…
『見えるように太く描くとと閉じてる時はパンダのように』

メザイク等の二重にする道具は使わずに
切れ長で大きな目で印象UP!!
今回は一重の方のアイラインのポイントです。

一重の方ほどアイラインを描くことで顔・目の変化が大きく
かわいくなれる要素が多いですよ。

eyeline6

1,二重の人よりも[ほ—ん]の少しだけ太めに描く

見えなくてもいいや!くらい開き直って少しだけ太めに。

アイラインは基本はラインとしてひくモノではなく、
まつ毛とまつ毛の間を埋め
まつ毛が濃く密集しているように見せて
目のパーツをはっきりさせるもの

目を大きく見せるためのものじゃないです。

目を見開いたときにほんの少しほど見えるように太く描きます。(1ミリ以下)
やり過ぎるとめちゃ不自然。

ただ、黒目の部分だけは多少オーバーにはみ出してもナチュラルに見えます。

太くといっても少しだけ太く描く。黒目部分は多少オーバーしてもOK

2,より自然に見せたいのであれば黒よりも茶色

ハッキリと黒で描きたいところですがあえて黒よりもトーンを落とします。
これにはわけがあって
黒は
・「目の形によって太さの調節が難しいこと」
・「よけいに腫れぼったく見える可能性が高いこと」
があり

それを茶色系のラインに変えると
「きつくなく柔らかい印象になる」
「多少太く描いても描いてますって感じにならない」
「本当に自然に目を大きくみせることができる」

などのメリットがあります。

一重の方で不自然なラインになっちゃう方は一度茶色系で試してみてください。

3,目尻ははみ出して描く

切れ長のメイクは目尻をスッとはみ出して引くとカッコイイを演出できます。

目尻に行くにつれて太くなるように調節して描きます。

シャープ&キレイ系なら目尻は長めにすーっとひく

可愛い&タレ目系は下のアイラインを黒目の外側あたりから3/1程少し太めに描く
その後アイシャドウでグラデーションさせ、不自然にならないようにします。
アイシャドウも目尻にポイントを置いて横長を意識

全体を意識するから、不自然になる。目尻だけに集中させよう

4,下のアイラインはぐるりと一周しない事

とにかく横長・目尻にポイントを置く
パンダを防げます。

アイラインはぐるりと一周描いちゃうと
よけい目が小さく見えてしまいます。
黒目から外側だけのアイラインで
目
あとは白いアイシャドウで

囲みメイクはよけいに目が小さく見えちゃいます。
デカ目メイクの記事を参考にしてください

5,やりすぎるなら引かない方がマシ

まばたきもするし横顔も自分の顔です。
あなたの顔は「正面を向いて目を開けている時だけじゃない」
ですよね。

結構多いのが眼を開けた状態で目立つくらい極太の黒ライン
最近多くてけっこうみかけますが
誰も指摘できなくて目のやり場に困ります。

普段はまばたきなどするので
まつ毛とまつ毛の隙間を埋める感じで少し太く描くだけでいいです。
あとはアイシャドウでカバー!

でも、例えば写真撮影があるときなんかは極太アイラインもありだと思います。

6,失敗がないのはペンシル、よりくっきりならリキッド

どちらがいいというのはありません。

それぞれ長所があり短所があります。

ただ、初心者のかたならばペンシルタイプのほうがおすすめかと・・・
ペンシルの方が引きやすいですし、
細く引いてから太く描き直しもできます、
その後にぼかせるので失敗も少ないです。

一重の場合はまばたきをする度にパンダ目になります。
だからにじまないタイプのペンシルは絶対に必要です。

メイク初心者の人にはペンシルタイプの方が描きやすいです。

アイシャドウについて

アイシャドーも二重の人に比べたら難しいですよね

アイラインを太く入れるよりは黒のアイシャドウでぼかすほうがより自然です。
一重の方が

アイシャドウを美しくグラデーションしたばっちりアイメイク

はシャープでとてもかっこいい

一重の方でやってはいけないのが薄いグリーン・ブルーなど
寒色系のカラーを使ってしまうこと。

よけいに一重が目立ってしまうのでオススメしません。

またピンク系はポイントで使うならいいですが
全体に乗せてしまうとまぶたが膨張して
殴り合いのケンカをした後のようになるので注意。

おすすめの色は黒のほかはワイン系・チャコールグレー・ブラウン系です。

まとめ

  • アイラインは二重の方よりも気持ち太め程度で十分
  • 太めに引きたい時は黒よりも茶色のほうが自然な印象
  • 黒目部分は太く描いても不自然にならない
  • 目尻ははみ出してOK
  • きれいめ系ならまっすぐライン
  • タレ目で可愛くなら気持ちラインを下げて描く
  • アイラインは囲まずに空きを作ること

一重のメイクでの検索がとても多いので一重まぶたの人のアイラインに特化した記事を書いてみました。

adsense

rss twitter hatena gplus

関連記事

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

記事を読む

【顔が大きく見える】丸顔をメイクだけでシャープな小顔にみせる5つのコツ

【顔が大きく見える】丸顔をメイクだけでシャープな小顔にみせる5つのコツ

日本人には、もともと丸顔の人が多いようです。 丸顔の人はかわいさを強調...

記事を読む

【肌が荒れないその理由】問題肌にこそミネラルファンデーション

【肌が荒れないその理由】問題肌にこそミネラルファンデーション

自分に合ったファンデーションを選べている自信がありますか? 巷にはリキ...

記事を読む

【ドロドロは嫌】汗かきの人の夏のメイク対策

【ドロドロは嫌】汗かきの人の夏のメイク対策

いよいよ暑い夏がやってきました。 汗をかくこの時期になると気になるのが...

記事を読む

顔のバランスを良くするメイクテク~目の位置が高い人編~

顔のバランスを良くするメイクテク~目の位置が高い人編~

自分の顔にコンプレックスがあると、自信が持てませんよね。 特にパーツの...

記事を読む

adsense

新着記事

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

記事を読む

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

記事を読む

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

記事を読む

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

記事を読む

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

adsense

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント
二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント
【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント
仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ
【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け
【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑