乾燥して荒れた唇をプルプルにする10つのケア

リップの色

乾燥する冬でもオッ!と思われる唇を手にいれませんか?

lipcare
乾燥した室内のオフィス勤務…23歳の英美さんはこの冬の唇の乾燥に悩んでおられます。

★リップクリームを何回塗っても唇がカサカサに荒れる
★皮がすぐ剥けてしまうので口紅が塗れない
★あくびをしたり大笑いすると乾燥で切れることがある
★血色が悪く唇に色がない

唇は目よりも表情が豊かな部分

荒れた唇は
・不健康に見られる
・あまり清潔に見えない

そんなマイナスイメージを与えますし
何よりも自分がツライ!!

唇の乾燥は内蔵なども関係しているのですが
他の皮膚などと違ってターンオーバーがとても早いので
正しいケアをすれば本当にすぐに効果が現れます。

乾燥する冬でも唇に視線が集まるようなプルンプルンのツヤツヤの唇に!

なぜ乾燥するの?唇が荒れる原因

唇は他の部位と比べて特別デリケート

そもそも唇は他の部位と比べて角質層がものすごく薄いです。
そのため水分が逃げやすい性質があります。
そこで特別に保湿するリップクリームが登場します。

化粧品で言うところの乳液でフタと同じ考えです。

しかし冬場の室内はどうしても湿度が足りません。
なのでちょっとの原因で皮が剥けたりカサカサにひび割れたりします。

唇をなめるクセがある

唇を舐めると、一時的に潤った気がします。
けれどそれはほんの一瞬。
後は余計に乾燥を悪化させます。

唾液には食べ物の消化を助ける「消化酵素」を含んでいます。
これが唇を乾燥させる原因です。

口で呼吸をしてしまっている

口呼吸は食事の時など食べ物とともに空気も一緒に入ってしまます。
これが胃や腸の環境を悪くする原因になります。
また口を開けている人はその分空気に触れる面積が高いので
ダイレクトに唇を乾かします。

【内蔵】冷え・胃腸が荒れている

唇は体の中では内蔵が表に出ているようなものなので
胃腸の不調はダイレクトに唇にきます。
唇が荒れている場合は口が臭う場合もあるので注意が必要。

【食事】ビタミンが不足している

食べ物の中でビタミンB2が不足すると乾燥が悪化します。

口紅が唇に合っていない

UVカット効果の高いリップや口紅は乾燥させます。

では実際にどういった対策をすればいいのか
体の中からの対策と外からのケア方法について見て行きましょう。

lipcare1

唇の荒れは内蔵から!体の中の3つのケア

リップクリームをぬってもすぐに乾燥してあまり効果がないという方。

体の中の唇の粘膜を作る働きが弱っているのかも

その働き自体を改善させてあげないと
リップクリームを塗っても逆効果です。
今度は塗りすぎによる唇の荒れを引き起こしてしまいます。

1,体全体の冷え

身体が冷えている場合もあります。夜は半身浴で身体を温かくして身体全体から体温を奪われない様にしてください。

半身浴についてはコチラ

2,胃腸が荒れている

唇が荒れている時は口臭にも注意です。

唇の荒れは胃が冷えて胃の働きが弱っていますよ!という体のサイン。
「唇の荒れ」
「喉の痛み」
「口内炎」
唇が荒れると刺激物など食べると痛いですよね。
これは「今は胃腸が弱っているからそれ以上食べないでね」というサインです。

暴飲部食をした記憶はありませんか?
朝は雑炊など消化のいいものにして胃腸を休めてあげましょう!

ビタミンB2の多い食事を

特に唇が荒れている時は
レバー・うなぎ・納豆・卵・ブロッコリー・ホウレンソウなどビタミンB2が豊富な食品を食べましょう。

ビタミンB2は正常な皮膚・粘膜・成長に必要となる栄養素です。

荒れる唇のケア-乾燥から守る7つの対策

lip

「特に夜のケアが効果的」

外からのケアは日常的にも気をつけたいです。
しかし特に夜、睡眠前に塗るのが一番効果的です。

寝ている時は一番新陳代謝が活発な時。
当然角質層を作る働きも活発で
そのときにしっかりとケアをしておくことで角質層を作る働きを助けることができ
唇荒れの回復も早くなります。

1,リップは縦塗りにする

普通リップを塗る時は左右に滑らします。
そのほうが楽だし早い。

しかし、リップクリームは縦に塗りましょう。
唇のシワは縦ジワなので
上下にシワに沿って塗った方が効果的。隙間にまで浸透しやすくなります。

2,部屋では加湿器を使う

加湿器を使いうるおいを確保してください。

3,マスクをして蒸発しにくくする

家にいる時なども効果的です。
口周りの乾燥も防げるので一番効果があります。
また寝るときにもおすすめ!
使い捨ての紙のマスクなら息苦しくないはず。

のどの乾燥も防げるので冬は特にオススメです。
夜リップを塗ってマスクをして就寝。
翌朝にはプルプルになってるはず。

4,食事のあともリップケア

歯磨きのあと唇もきちんとすすぐ
歯を磨いた後唇が乾燥していると感じるのはすすぎ残しが原因
意外にはみがき粉とかマウスウォッシュは唇に残ってます。

5,メイクする前も下地としてリップを使う

口紅だけでは乾燥します。
夜寝る前はもちろんですが、朝も口紅をつける前に下地としてリップクリームをつけるといいでしょう。

6,香料たっぷりのものは使わない

荒れた唇にはリップクリーム
手放せない人が多いですがリップクリームを塗ってもなかなか改善しない人が多いです。
それはなぜか?
リップクリームの香料が関係していると思います。
荒れやすい人はオイル系での保湿がオススメです。

7,スペシャルケア!ワセリン・はちみつなどでの唇パック

【朝にはプルプル】即効性のある方法ならばこれが一番です。

ワセリン・はちみつパック・馬油・ココナッツオイルなんでもいいです。
(なければ普段お使いのリップクリームでも可能です)

  • 唇に塗ってからラップで唇を包み込む
  • サランラップの上から蒸しタオルで押さえる
  • 5分ほど置いて浸透させる

これだけで唇がものすごく潤ってプルンプルンに柔らかくます。

デート前なんかにもおすすめのケア方法です。

血行がいいお風呂あがりや指先で唇とトントンとマッサージした後に行うのが効果的です。

ココナッツオイルは紫外線のカット効果もありますのでおすすめ。
また、本当にめくれたり血が出たりするような乾燥唇の場合は馬油を使ってみてください。

最後に

唇の皮膚はターンオーバーはとても早いです。
他の皮膚よりうんと早くて5日~1週間程度。
普通肌はケアしても短期間で目に見える効果はないことが多いですが唇だけは別。毎日しっかりケアしてあげれば短期間で劇的な改善が見られます。
冬でも乾燥知らずのプルプルツヤツヤのリップを目指しましょう!!