【女性らしさをアピール】でもやりすぎると男性ウケの良くないおしゃれ行動3つ

女性のアピール

女性のアピール

ついつい自分のやっていることをアピールしたくなっちゃうけれど

女性向けに作られた雑誌には、今たくさんのおしゃれ小物や洋服、そして生き方やオシャレ感などについても掲載されていますね。

しかし、実は、女性に「おしゃれ」だと思われているものの多くが男性にとって「無意味」と思われているとしたら・・。今回は、女性ウケするものは男性ウケしないというお話しをしてみたいと思います。

「こんな私は女性らしいでしょ?」の過度なPR、男性は内心何を思っているのか分かりません。

大々的にアピールしてもあまりウケの良くない3つのおしゃれ行動

1,清潔感に欠けるネイル

長すぎる派手なネイル

おしゃれのためにしているそのネイル、実は「清潔感に欠ける」と思われているとしたらどうでしょう。ここでは、男性のネイルへの本音を集めてみたので参考にしてみてください。

「見る分には良いけど、結婚するとしたらあんな爪でどうやって飯作るんだ?」
「爪の間に何か詰まってそうで汚いと思ってしまう」
「長い爪で、ジュースの缶が開けられないとか正直面倒くさい。本人可愛いつもりなのが痛い」

結構、厳しい言葉がズラリ。私もネイルをしている身です。

この言葉には、正直愕然としました。おしゃれだと思って、高いお金を払いネイルをしていたのです。男性に女性らしく思ってもらえると思っていたけれど…

ここで重要なのは
「ネイルしているから●●が」みたいな言い訳をされると途端にムッとするということに注目。

もちろん、キレイな爪は女性らしさも上がるし、水仕事で爪が割れるからという理由でされている方も多いと思いますが
「それのせいで生活に支障が出るレベル」はあまりウケがよろしくありません。

2,オーガニック女は面倒くさい!?

オーガニック

女性で、オーガニック野菜にこだわりを持っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、男性がその事を「面倒くさい」と思っていたらどうでしょう。折角のこだわりもなんだか無意味な物になってしまいますよね。では男性の本音は如何なるものか。見ていきましょう。

「オーガニック、オーガニック、と言われていると、そう言う店しか行けなそうで、面倒くさくなる」
「この店、五穀米あるかなぁ。の一言にドン引き」
「無農薬の野菜しか食べないと言われるとお金がかかりそうで付き合えないと思う」

な、なるほど。確かに、男性は、「ラーメン」「焼肉」「ハンバーグ」みたいな簡単な料理が好きですものね。女性のようにあまり食事にこだわりを持つ人も少ないのかも。

これも、「オーガニック自体は悪いことではない」ということ

しかし、そのこだわりを「ステータス」のように言う女性にはあまり好感を持たないようで。

確かに、デートの時に、オーガニック料理ばかりでは男性も力がつきませんし、物足りないかもしれません。
なので普段の料理にこだわっていてもさり気なくが重要。

ここぞというオーガニックのこだわりは、女性同士の女子会で発揮するのが良い選択なのかも。

3.常に予定が習い事でギッシリ

習い事

最近の女性は、スキルアップのために習い事をたくさんされている方も多いのではないでしょうか。そして、その習い事をしている自分が大好きだと思っている女性も多くいるでしょう。

しかし、男性は面白く思っていないようで。男性の本音見ていきましょう。

「金曜日空いている?と聞いたら月曜日からの習い事を金曜日まで言われた。聞いていて疲れた。」
「習い事をやっていれば、モテると勘違いしている感じが腹立たしい」
「英会話に、料理教室、ピアノ、ヨガ、俺の予定はどこにあるの?趣味に埋もれて、一人で生きていくが良い」

なるほど。男性は、自分の予定を優先させてもらいたいと思っているようですよね。
いじけ根性もあるのかもしれません。
しかし、習い事をやっている自分を認めて欲しい感じを男性に出すと、煙たがられる傾向があるようです。

男性からしてみたら「そんなのしらねーよ」という気持ちになるのも納得。習い事はアピールするものではありません。
自分のスキルアップを目的に一生懸命やる姿なら男性は美しいと思うのかもしれません。

逆に考えると全てはモテ要素につながる

すべてに置いて言えることは
「それ自体は悪いことではないんだけれど」ということ。

なのでそれを逆手に取ってギャップを作ると男心をくすぐれます。

「ネイルしているけれど料理に手は抜かない」
⇒派手なネイルをしている場合はそのことを一切出さずに料理が趣味みたいなことをいうと好感度が上がります。

「オーガニック思考だけどそれをアピールするのは自分で料理をするときのみ」

「確かに習い事で忙しいけれど、できる自分を過度にアピールしない。人との時間も大事にする」

こんな感じにして、「密かに」を表に出すとそれはプラスのギャップになります。

【こんなドヤ顔】男性でもいません?

「スポーツカーに乗っていてものすごく早くて上手いのに普段の運転は丁寧」
※逆=うまくもないのにスポーツカーに乗って普通の車をあおりまくる

「コワモテなのにレストラン等での店員さんへの対応が丁寧」
※逆=チンピラ気取りでコンビニ店員・レストランで足を組んでタメ口

それ自体は悪いことではないけれどそれについてくる行動がマイナスポイントですよね。

これをうまく利用して貴女のギャップを作ってしまいましょう。

まとめ

今回は、3つの男性の本音ご紹介しました。

共通していることは「それ自体は別にいいけれど過度にアピールされると腹が立つ」ということ…

女性が、おしゃれだなと思ってやっている事。
それのへんなアピールが男性から見たらマイナスな印象に写っている事があります。

とくに男性は、アピールされる事をあまり好まないようです。
努力や、オシャレや、ステータスは自慢する物ではなく、相手に認めさせてこその物なのでしょう。

良かれと思ってやっている自信満々アピールはマイナスの印象を与えることがあるので注意したいところですね。