【インナードライのぬるま湯洗顔】朝石鹸で洗わない以外に見直したいポイント

ぬるま湯洗顔

最近はぬるま湯洗顔という言葉が定着しつつあるように思います。

1日2回の洗顔は皮脂を落としすぎて肌に悪いと教えてもらって
朝だけはぬるま湯だけの洗顔にしている。

そんな方も多いのではないでしょうか。

質問です!
ぬるま湯洗顔に変えてお肌がツルツルになったとか乾燥肌が改善したという効果は実感できていますか?

「なんだかイマイチ」

「ぬるま湯洗顔に切り替えっても前と同じ」

そんな方に朝石鹸を使わないこと以外に
見直したいポイントをまとめてみました。

塩素も肌を乾燥させる

洗顔石鹸を使うのを夜だけにして
朝をぬるま湯洗顔に切り替えたところで
肌質の改善が見られない方
塩素が原因の場合があります。

なので、ミネラルウォーターでも精製水でも構いません。

最後のすすぎの時のみ水道水を使わず
塩素のない水で顔を洗ってみてください。

それだけで
お肌の乾燥トラブルが全く変わってくると思います。

塩素

夜のオイルクレンジングを見直す

ぬるま湯洗顔に切り替えたということは
あなたは乾燥肌ですよね?

夜にオイルクレンジングを使っていないでしょうか?

お肌の乾燥で悩む人にオイルクレンジングはおすすめできません。
どうせならお肌にやさしいクリームクレンジングなどに切り替えましょう。

またメイクしなかった夜は
低刺激の洗顔フォームで優しく洗うようにして
クレンジングは使わない日を出来る限り作ることも大事です。

オイル濃度の高いクリームを使っていない?

寝る前に化粧水や乳液などをしてるのに
朝はぬるま湯だけでよいのかという疑問に
思われる方もいると思います。

べたつきがないと自分で感じられるのならば、ぬるま湯洗顔だけでOKです。
朝もぬるま湯洗顔だけで化粧水や乳液も十分に浸透します。

がかなり濃厚なオイル系のクリームでケアしている方は
朝も洗顔料を使いましょう。
ぬるま湯洗顔ではどうしても落としきれず肌に残ってしまいます。

肌に残ったオイルは酸化して顔のくすみやシワの原因になります。

状況によっては朝の石鹸・フォームも必要

「毎日ぬるま湯洗顔のみじゃないといけない」

「朝は洗顔フォームを使ってはダメ」

なのではありません。

肌のべたつきを感じた時、
季節によっては乾燥を全く感じない夏などは
朝洗顔フォームを使った場合も良い場合もあります。

また、人の肌は
きちんと洗顔とすすぎができていないとくすみの原因になってしまうので

冬のぬるま湯洗顔に注意

「冬の朝は寒くて冷たい水なんて使えませんよね?」

でも冬に暖かいと感じる温度は
肌にとっては乾燥させる温度になっちゃいます

「冬にちょうどいいぐらいのお湯ですすいでいませんか?」

慣れないうちが大変ですけれど
夏場は体温にほど近い温度
冬は冷たいと感じるくらいのお湯でキュッと引き締める洗顔を!

そして朝のぬるま湯洗顔のすすぎは最低20回以上すすぎましょう

ぬるま湯洗顔2,jpg

朝も洗顔したほうがいい人

10代の方や脂性肌の方はきちんと朝も洗顔をするようにしてください。

ぬるま湯洗顔がいいのはあくまで
皮膚が薄い方や乾燥肌・インナードライの場合です。

オイリー肌の方や10代のニキビができやすい年代でこれをやってしまうと
顔の皮脂が全て落としきれずにくすみの原因になってしまいます。

あ、もちろん洗顔は優しく
こすらずしっかりすすぐことがポイントです。

ゴシゴシとこする洗顔とオイルクレンジングの使いすぎはインナードライの原因になります。
インナードライになってしまうと、そう簡単には治りませんので今から徹底したケアも必要です。