【好印象を与える女性の6つのルール】初めてのデートで失敗しないために!

何もしなくても愛される女性のルール

初デートが終わって…

★1件目の食事の後「じゃあ、そろそろ帰ろうか」
★初めてデートのあとメールが途絶えた
★初めは良かったのに途中から急によそよそしくなって盛り上がらなくなった

「ほんの些細な行動が引かせてしまったのかも…」

少しのことだけであなたが男性に与える印象はまったく違う。

人の印象は
メイク・服装・香りなどの「見た目」

性格・表情・話し方などの「振る舞い」

にわかれます。

今回は「見た目」的なものは置いておいて
男性に好印象を与える振る舞いについて

反対に言えば
「なぜか愛されない女性の特徴」ということになります。

「何もしなくても愛される女性のルール」

特にまだ、相手のことがあまり分からない時に気をつけたいこと。

なんだか、媚びたタイトルですが
当たり前で分かっているけれど
「ついついやってしまいがちなこと」
を厳選しました。

男性に好印象を与える6つの行動-振る舞い

1,話し方に知性が感じられる

別に政治経済の話をしなければいけないのではありません。
「テレビタレントの話」
「お笑い・ゴシップ」
なんでもいいのですが

「あ、この人あまり頭良くないな」
知性を感じさせない印象をあたえる話し方には共通点があります。

それは常に
「自分のことしか話さないこと」

「今日私は頑張った」
「昨日のテレビ面白かった」
「今日はお腹がいたい・体調が悪い」

相手はどう返していいか分かりませんし
だんだん会話も弾まなくなっていきます。

会話の中には常に「あなた」を入れることを意識します。
その上でその人の
「長所を具体的に分析してあげる」

たったこれだけで何もしなくてもあなたは
「また会いたい女性」になります。

※相手に送ったメールなんかが残ってる場合は見てみましょう。そこに「あなた」は入っていますか?

2,奢られ方が上手

「デートの時は男性が払うのは当たり前でしょ」

デートの歳、男性側は
「最初から奢るつもり」(そうでない人はおいといて)
でいるのですが、露骨な態度を取ってしまうと
そこから先はありません。

お店から出て
じゃあ、今日はこの辺で…」
となります。

やはり奢られ方っていうのも重要です。

「会計の時にまったく何もしようとしない」
のは男性からすると、かなり引いてしまう行動。

せめて財布を出して
「私も払います」
そぶりを見せましょう。
こんな些細な事であなたの印象は全然違います。

また、ありがちなのが
「お金を払う時になるとトイレにいく人」

本人は自然にわざとらしくなく
見せているつもりなのですが
そう思っているのは自分だけです。

※明らかに相手の機嫌が悪くなった、よそよそしくなった。そんな時はたいてい「お金」が絡んでいます。

3,誰にでも「ありがとう」を言える

ありがとう

先の相手に奢ってもらった時もそうですが
食事をしたお店の店員さんなどに対しても
「ありがとう」を言えない人。

必要最低限のマナー・感謝の気持ちが言えないのは自分にとってもマイナスポイントです。

4,人の悪口を「絶対に」言わない

【悪口・誹謗・中傷】人の悪口を言う

女性は男性よりもウワサ話が好きなものです。
噂だけならいいのですがそれが
「誰かさんのグチ・悪口」
になっていることがありますので注意。

「人を見下す人、バカにする人」

人の悪口というのは聞いていて楽しいものではありませんし
なによりも
「俺のいないところでは自分も悪く言われている」
という印象を与えます。

結局それはまわりまわって自分に帰ってきます。

「ネガティブな話題は自分の首を絞めるだけ」
と言われるのはこういう所から来ています。

人の悪口を平気で言える人
相手の気持ちを考えることができない人は
絶対にモテません。

なぜなら、
「最終的には相手のせいにして自分にも悪い点があることを考えないから」

5,自分が悪い時は「ちゃんと謝れる」

sorry

なんの理由もないのに謝る必要はないですが
「100%明らかに自分が悪い時はしっかりと謝れる人」

素直さが全くない女性が
ヒステリーになって、「私は悪くない!」
みたいに頑固に言い張られるのには幻滅されます。

また、付き合ってから実はヒステリックな人だとわかった時などショックはかなり大きいようです。

「ごめん」で済むのに「あなただってこんな所あるじゃない!」これではケンカになります

6,頻繁に「重い言葉」を言わない

あくまでもいつもいつも・・・って話です。

相手に自分との関係を聞く質問
「私たち付き合っているの?」
「私の事好き?」

よくありがちな光景かもしれません。

その時に相手が感じるのは
「この人…なんか重い」
これだけ。

相手に自分との関係を聞く質問はハッキリ言って
「絶対に関係がプラスに働くことはありません」

また、自分から言う「愛してる・好き」も頻繁すぎると重い言葉に…

言わなさすぎもダメですが言いすぎはもっとダメ

まとめ

  • 会話は「私」ではなく「あなた」中心で
  • 気持よく奢ってもらうにはルールがある
  • 「ありがとう」は魔法の言葉
  • 人の悪口は今後いっさい封印しよう
  • 「あなただって」「あなたもこんなところが悪い」ではなく素直に謝ろう
  • 「私のこと好き?」の言いすぎは男性にとってはウンザリする重い言葉