rss twitter hatena gplus

*

コラーゲンやヒアルロン酸を多く含む食品を食べてもあまり意味がない理由

この食品にはコラーゲンが豊富に含まれています!!

ついついこんなキャッチコピーをみて
その商品を購入してしまった方も多いのではないでしょうか?

すっぽんやフカヒレ…水炊きや豚足などなど

食べたらなんとなく
「翌朝にはお肌ツルスベ」
みたいなイメージありますよね。

でも実はそれ90%以上は思い込み。
(栄養価の高い食品で体が喜んでいるのは確かですが)

コラーゲン・ヒアルロン酸を多く含む食品をたくさん食べても
「美肌に直接影響することはありません」

コラーゲンやヒアルロン酸を多く含む食べ物

栄養素を多く含む食品はあるが、それで美肌になれるかというとまた別の問題

 

この食べ物にコラーゲンが多く含まれています。
⇒ゼラチン・すっぽん・フカヒレ・手羽先・アンコウ

この食べ物にヒアルロン酸が多く含まれています。
⇒軟骨・納豆やオクラなどネバネバした野菜

 

しかし、栄養素だけを見て
「たくさん食べればキレイになれる」と判断すると
完全に間違った知識になってしまいますので注意が必要です。

結論から言いますと、
「お肌に良いと言われている成分が多く含まれる食品」を大量に食べてもそれが直接原因として肌がきれいになる事はありません。

人間の体は、
どんな栄養素を食べても胃の中である程度分解されてしまうからです。

コラーゲンとはどういうものか?

とり肉コラーゲン

コラーゲンは、タンパク質の中の1種。
単体の栄養成分ではなく、タンパク質の中の1種類です。

私たち人間の体は、主に水分とタンパク質でできています。
その中でも、お肉で言う赤身の部分ではなく、
爪や骨、軟骨や関節部分などを構成する種類のタンパク質のことをコラーゲンといいます。

コラーゲンを多く含まれる食品をとってもあまり意味がない理由

美容業界も、食品業界もコラーゲン様々です。
この単語がないと倒産する会社もたくさん出てきます。

それはほとんどの方がコラーゲン=肌がきれいになると信じてるから。

でも、コラーゲン=たんぱく質の一種類です。
(ビタミンの中にA,B,C…等があるのと同じ)

これが、コラーゲンではなく
「美容のためにタンパク質を積極的に取りましょう」
と言うキャッチコピーならば、ここまでサプリメント等は売れなかったはず。

それほどコラーゲンというのは便利なキーワードなわけです。

しかし、 コラーゲンを含むタンパク質は、口から摂取すると、まず胃の中でアミノ酸に分解されます。

アミノ酸=身体のエネルギー源
なので、

タンパク質を多く含むささみを食べても
コラーゲンを多く含む豚足を食べても
結局アミノ酸に分解されてしまうわけです。

コラーゲンを多く含む食べ物の中には、
脂っこいものもかなりあり、日常生活の中で、わざわざコラーゲンが多いからという理由で、食べる事はあまりオススメできる方法ではありません。

何を食べてもどうせアミノ酸になってしまうのであれば、低脂肪で高タンパク質である食品(ささみ等)を積極的に取る方が賢い選択と言えます。

基本的に肌にはターンオーバーというものが存在するので
「即効性のあるものは疑うべき」なのです。

タンパク質+ビタミンC+ケイ素が美肌を作る

コラーゲンを多く含むと言われる、豚足や水炊き、手羽先などを積極的に食べる必要は無いことを説明しました。

(大好物であれば別。もちろん体によいですし、栄養素も豊富です。ただ、直接関係がないだけです。)

それよりも、豆腐屋枝豆、ささみなどの高たんぱく低脂肪のものを食べる方が、よほど体重にもお財布にも優しいと思います。

そしてここで重要なのはコラーゲンよりビタミンCとケイ素の存在です。

ビタミンC=体内のコラーゲンの生成を促進

タンパク質=アミノ酸をしっかりとったとしても、体内にビタミンCが足りてないとコラーゲンを合成することができません。

コラーゲンを合成するためには、タンパク質とビタミンCを同時にしっかりと摂取する必要があります。(タバコが肌によくないのは、このコラーゲンを合成するために必要なビタミンCを破壊してしまうからです)

なので、お肌をぷるぷるの状態にしたければ、タンパク質+ビタミンCを多く摂取するようにしてください。
(鶏ハムとレモンを一緒に食べるなど)

ケイ素=コラーゲンの結束を強くしてくれる

野菜に多く含まれます。こちらも積極的に摂取するようにしてください。

何度も書いて申し訳ありませんが、この記事はコラーゲンを多く含む食品が悪いと言っているわけではありません。
むしろ健康に良いものばかりなので積極的に摂取してほしい。

ではヒアルロン酸はどうなのか?

ヒアルロン酸も、コラーゲンと同じように皮膚や骨関節周りを構成する重要な栄養素の1つです。

こちらも同じく、ヒアルロン酸を多く含む食品をとっても、胃の中に入ると一回糖質に変換されてしまうので合理的ではありません。

鳥の軟骨などの柔らかい骨。
納豆やオクラ等のねばねばしたものに多く含まれています。

しかし、あくまで多く含まれているというだけで、
これをしっかりたくさん食べたところで体内のヒアルロン酸の量を増やす事はできません。

ということで、中高年の方に爆発的な人気を誇る某商品。
「飲むヒアルロン酸」も、実は矛盾だらけの商品であると言うことが理解できるはずです。

ヒアルロン酸はバランスの良い食事だけでオーケー

バランスの良い食事

こう書いてしまうと、身もふたもないですが、
体内のヒアルロン酸合成は、毎日の食事量さえ足りていれば、勝手に体内で合成されて行きます。

なので、ヒアルロン酸を増やしたいからと言って特定の食べ物を食べる必要はありません。

むしろ、足りなくなることに注目する必要があるわけです。

そうです、短期ダイエットなどを実践中の方によく見られる
「圧倒的な摂取カロリーの不足」
これが、体のヒアルロン酸量を著しく減らしガサガサの乾燥肌を作る原因になります。

まったく、たんぱく質を摂らないベジタリアンな方も要注意です。
体質的に摂取量が少なくてもあるていど体内でヒアルロン酸を合成できる方ならいいのですが合成量が少ない人が野菜しか食べない生活をすると肌はどんどん老化していきます。

なので、体内のヒアルロン酸の量を増やしたければ
「毎日の食事をしっかりと食べる」
これだけでオーケーなわけです。

まとめ

ヒアルロン酸とコラーゲンまとめ

ということで、コラーゲンやヒアルロン酸を多く含む食品
を頑張ってたくさん食べても
美肌には直接影響は無い。

というお話をしました。
体内のコラーゲンやヒアルロン酸をダイレクトに増やそうと思ったら注射しかありませんがまたそれは別の話。

で、勘違いしてほしくないのが

「直接は関係ないだけで、どの食品も大切な栄養素」

これらの食品が体に悪いというわけではありません。
直接影響がないだけでしっかりと他の栄養素もありますので積極的に取っていただきたい食品です。

医食同源という言葉があるように美肌についても日々の積み重ねです。

著者自身も毎週鶏がらスープを作って冷凍。
毎朝、高麗人蔘やニンニクを入れてスープ飲んでます。

サプリにお金をかけるなら食事にお金をかけるほうがよっぽどいいです。

基本的に、皮膚を構成する要素は
「タンパク質とビタミンC+ケイ素(野菜)」

「バランスの良い食事」(極端なカロリー制限ダイエットは論外)
というふうに覚えておいていただければと思います。

adsense

rss twitter hatena gplus

関連記事

年上に見られる!30代からのおでこのシワを改善する5つの方法

年上に見られる!30代からのおでこのシワを改善する5つの方法

最近、おでこのしわが気になりだしていませんか? ・くりーむしちゅーの上...

記事を読む

【30代女性必見】大人ニキビを作らないための5つの生活習慣

【30代女性必見】大人ニキビを作らないための5つの生活習慣

今日は大事な日!という時に限って結構大きめのニキビができます。 ★思春...

記事を読む

【今から準備が重要】季節の変わり目の肌荒れ対策のポイント

【今から準備が重要】季節の変わり目の肌荒れ対策のポイント

季節の変わり目、肌荒れに悩んでいませんか? ★いつもと同じケアをしてい...

記事を読む

【最初の3日間が勝負】うっかり日焼け後の効果的なアフターケア

【最初の3日間が勝負】うっかり日焼け後の効果的なアフターケア

分かっているけど、ついつい焼いてしまいましたよ~ 日焼け対策は美容の絶...

記事を読む

adsense

新着記事

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

記事を読む

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

記事を読む

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

記事を読む

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

記事を読む

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

adsense

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント
二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント
【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント
仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ
【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け
【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑