rss twitter hatena gplus

*

『もう重い女はやめる!』追いかけたくなる女性になる5つの方法

恋人の重荷になってしまう女性

彼にいつまでも愛されている女性には、共通点があった~

★あの娘、可愛くて性格もいいけど・・・なんか重いんだよ
★何一つ自分で決めることをせずに完全にこっちに依存しているような気がする
★会話やメールの中に「自分(恋人の女性)」が入りすぎていてつらい

付き合いたての時は優しかった彼が、最近はメールを返してくれるのも遅いし、電話もなかなか出てくれない。会っても面倒くさそうに携帯をいじっている・・

「釣った魚にはエサをやらない」という格言もありますが、それにしたって、実際ないがしろにされると辛いものがありますよね。
付き合って数年も経たずにこんな状態なのですから、結婚して何十年も愛され続けることを考えると、絶望してしまう女性もいるかと思います。

ですが世の中には、結婚して50年、金婚式を迎えても夫に愛され続ける女性がいます。

追いかけられる女性と追いかけてばかりの女性はどこが違うのでしょうか?
ここを気をつければ、彼の態度がみるみる変わる!そんな方法をお教えしたいと思います。

必死にまとわりつくような重い女から「男性が追いかけたくなる女性」になるには?

1.はじめに、恋人のメカニズムを理解する

「重い女性」といわれないために

心理学の見地から、「自立と依存」について最初に学ぶことが、てっとりばやく問題を解決する糸口になります。

恋人関係においては、

必ずどちらかが「自立」の立場を取り、もう一人が「依存」の立場を取ります。

良好といえるパートナーシップを結んでいる人達は、「自立」と「依存」の立場を交互に入れ替わりながら絆を深めていくのです。

しかし、このバランスがあまりにもどちらかに傾いてしまうと・・・

つまりどちらかが「超・依存」しすぎる状態になると、「自立」側は相手にうんざりしてしまい、自分の時間を欲しがって距離を置こうとしはじめます。

そうなると「依存側」、すなわち重い・追いかける側の女性はますます彼に、メールや電話、会うことなどを要求するようになり、彼はますます逃げて関係が破綻してしまうのですね。

追いかけられるためには、どうしたらいいのか?簡単に言えば「自立する」ことです。
そんな恋人のメカニズムを理解したら、今度は具体的にどうすればいいかを紹介したいと思います。

2.メールをしない感覚に慣れる

スマホで毎日メール

1日に何度もメールをし、相手からの返事が来ないのに、一方的に送っている人はいませんか?
そうして返事が返ってこなければ怒り出す・・それでは彼も疲れてしまいますよね。

たとえば、子供の頃こんな経験をしたことはありませんか?

<div class=”target-waku”>「餃子が好き」と母に伝えたら、毎晩毎晩うんざりするくらい餃子が出てくる。</div>

確かに好きだったけれど、最近は餃子を見るだけで気分が悪くなる。なのに、母は「残したらダメ!」と叱るのだ。ほとほと、夕食の時間になるのが憂鬱になってしまった。

元々好きな相手であっても、男性は女性とは違い、そこまでメールでのやりとりを好みません。義務感でのメールをもらい、相手がうんざりしてるのに、

「なんで返してくれないのよ!」
と叱っては、彼はあなたの顔を見るのも嫌になってしまいます。

私は、連絡をもらうのが好き。彼は、連絡をするのが苦手。連絡が多い=愛情が多いとは限らない』と自分に言い聞かせてみてください。

自分がされて嬉しいことが、彼も同じように嬉しいとは限らないのです。彼も自分も嬉しい、と思えるようなことを増やしていけるといいですね。

人間とは習慣の生き物ですから、連絡頻度を減らしたら1,2週間は不安になるかもしれませんが、その後、彼とのデートなどで変わらぬ愛情を感じたり、あるいは彼の方からたくさん連絡をもらえるようになったと実感するでしょう。

3.家族や友人の予定を優先する

女の友達同士や家族との時間

いつも彼氏との予定を最優先、友達や家族に遊びに誘われても断ってしまう・・という人も多いですよね。

特に付き合い初めの頃はそうなってしまいがちですが、彼の方がだんだんと落ち着いてきても、それに納得できないこともしばしば。

覚えておいてほしいのが、
『最初の頃、情熱的に会うことを求めていた彼が、本来の彼ではない。ホルモンの過剰分泌であって、現在の彼が素なのだ』ということです。

最初の頃、一生懸命会う予定をやりくりして、素敵なデートを演出していた彼は、無理をしていた異常な状態です。

あの頃が普通と思ってはいけません。ええ、絶対に
(出会った頃のテンションをずっと求めてしまう人はとても多いですが、間違いなく自分で恋愛の足を引っ張っています。)

なので、以前よりトーンダウンした彼を責めることはやめましょう。

そして代わりに、友人や家族との時間を自分の優先順位の上に持ってくるのです。

彼は、今まで自分を1番にしてくれる彼女の状態に慣れて天狗になっていますから、自分の予定よりも友人や家族との予定を優先させる彼女に危機感を覚えるようになり、あなたを以前よりも情熱的に誘い、素敵なデートプランを考えてくれるようになるでしょう。

4.月に1度は自分だけの時間を持つ

一人の時間を持つ

「依存側」にいる女性は、一人でいることを苦手とする傾向があります。

彼と一緒にいることが嬉しい、から一緒にいる・・のではなく、

一人でいると寂しい、から一緒にいる・・という風に、お付き合いをする目的が変わってしまう人もいます。

そうなると、彼がいなくては生きていけないような不安感を抱くようになり、彼への依存はますます高まって、「重い女」とうんざりされ別れる日も近くなってしまいます。

そんな女性は、潜在意識の中で、「私は一人では生きていけない・・」と思い込んでいる場合があります。

一人でも楽しい、自分の人生を謳歌できる女性は、素敵な彼を見つけやすく、あるいは自分の彼氏に大切にされやすいものです。
人間誰しも、生き生きしている人が好きですからね。

最初の内は一人で1日を過ごすことに抵抗があったり、寂しく感じるかもしれませんが、一人で行動するようになると、

「自分は何をしている時が幸せなのか、どんなことが好きなのか」

ということが分かるようになり、行動・興味の幅が広がっていきます。
そうして自分の魅力を再発見した先には、恋人からの尊敬と愛情をも受け取ることができるのです。

5.彼のためにアレコレ世話を焼くのをやめる

こんなに尽くしてるのに

あなたは、彼にとって母親的な存在になってはいませんか?
重い・追いかけたくない女性の特徴に、世話焼きすぎる、というものがあります。

「なんでこんなに尽くしているのに、世話をしているのに逃げていくの?」

と女性からすると不思議に思うかもしれません。

これはただの自分勝手な「愛情の押し売り」です。

その心理は、「人はあまりに世話を焼かれすぎると、その人の支配下にいるような感じを覚え、息苦しさと反発心を抱く」というものです。

自分が母親のような存在になっていないか、いま一度確認してみましょう。
そうして、彼を少しだけ放っておいてみてください。自由になった彼は、不便さと同時にあなたの有り難みをひしひしと感じて、感謝を伝え、また一段階、大人な男性へと成長するでしょう。

まとめ

結局は、「バランスをどう保つか?」が一番重要。

実は、自信がなく依存する立場の女性であればあるほど彼氏のことを支配したがります。

  • 「門限を決める」
  • 「メールに返事がないとキレる」
  • 「友人や会社の付き合いを優先されるとキレる」
  • 「いつも心の何処かで疑っている」

でも、生活の中で

※恋人がメリットを感じることをほとんどしていない(尽くすというのはメリットではありません)

これではうまくいくはずがありません。

まとめ

私の知人は、

「僕は奥さんが何十年経っても大好きなんだけど、いつまでも手に入らないような感覚に陥るんだ。だから追いかけてばかり。
こちらから十回『愛してるよ』と伝えると、一度だけ『私もよ』と返してくれる。その一回ほしさに、頑張って尽くしてしまうんだよなぁ」

と言っていました。

自立した女性になって、彼の愛を勝ち取り、そうしてバランスの良い素敵な関係を目指しましょう。

「愛されている」ことで、女性としての自信がみなぎり、恋人以外の人間関係や仕事でも喜びを感じられるようになることを、願っています。

adsense

rss twitter hatena gplus

2015/01/02 | 恋愛ハウツー

関連記事

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

記事を読む

【どうしたら彼氏ができる?】自分を魅せるときに勘違いしているポイント

【どうしたら彼氏ができる?】自分を魅せるときに勘違いしているポイント

◎どうしたら彼氏ができる? もう20代後半。気がついたら3年以上彼氏が...

記事を読む

【いつもダメな男ばかり好きになる】ダメンズとは無縁の素敵な女性になる7つの方法

【いつもダメな男ばかり好きになる】ダメンズとは無縁の素敵な女性になる7つの方法

付き合ってみるといわゆるダメンズだった・・~ダメな男に惹かれる女にはワ...

記事を読む

【彼氏がモラハラかも】結婚後に豹変するかもしれない男の見極めるポイント

【彼氏がモラハラかも】結婚後に豹変するかもしれない男の見極めるポイント

一見人当たりのいい、優しそうなモラハラ予備軍に要注意!! モラハラとい...

記事を読む

adsense

新着記事

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

記事を読む

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

記事を読む

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

記事を読む

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

記事を読む

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

adsense

二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント
二重メイク-アイテープや絆創膏を使わずパッチリした目にみせるポイント

二重アイテムを使わずにメイクだけで二重に見せたい 一重まぶたの人は、 ...

【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント
【30代からの恋愛】20代との明確な違いと特に注意するべきポイント

30代の恋愛と20代の恋愛はどう違う? 年齢を重ねた大人女子は、恋愛に...

仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント
仕事のモチベーションが上がらない時の5つのヒント

仕事に対してモチベーションが上がらない… ★とにかく仕事が毎日苦痛でし...

【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ
【他人に遠慮しない生き方】人の目を気にせずに自分らしく生きられる4つのきっかけ

あの人は人に遠慮をしない性格 と言うと日本では 変わっていると言うよう...

【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け
【タバコやめたい】今年こそ一生吸わないための3つの動機付け

禁煙したいけどついついタバコを吸ってしまう。 ★ 試しにやめてみたけれ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑