【クーラーが苦手】デスクワーカーのための寒すぎるオフィスの対策

クーラーが苦手

クーラーが苦手

仕事場の温度低すぎ!25度切ってるんじゃないの?冷やせばいいってもんじゃない~

デスクワークであまり動かないならなおさらです。

いくら寒くても、自分のちょうどいいようにエアコンを調整するのはなかなかできないですよね。

かといって、あまりに寒そうに毛布にくるまるのも気が引けるもの・・・

「外は半袖でも暑いのに中に入ると半袖ではいられないくらい寒い」

寒いと体が緊張し、頭痛や肩こりを引き起こす原因になります。
ましてや、事務作業やパソコンなどただでさえ肩のこる仕事をしていたらなおさらですね。
また、下半身の冷えは生理痛やホルモンバランスなどにも影響すると言われています。

このように冷房で体調が悪くなってしまうことを最近ではクーラー病と言われてます。(正式な病名ではなく造語)

ひどくなると肌荒れはもちろんのこと

  • 吐き気
  • 悪寒
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • めまい

など。ただ、寒いというだけじゃなく仕事に支障をきたす場合があります。ここでは、そんなオフィスでさりげなくできる冷え対策をご紹介します。

まずは、「着る」対策

防寒対策するところは3つで十分なんです。

冷え対策として、一番に思いつくのはまず着ることです。
オフィスの冷え対策でよく見かけるのは、肩からストールを羽織った姿ではないでしょうか?
次にひざかけですね。

「まさかオフィスでドテラを着るわけにはいきません」

冷えを解消するには、むやみやたらに着ればいいというのではありません。

冷やさないためのポイントは、三つあります。
それは首、お腹、足首この3つを冷やさないことです。
では具体的にどのように対策をすればいいのでしょうか?

むやみに重ね着せずに温めるべきポイントを温める

クーラーが寒いと感じた時に温めるべき場所とは?

首を冷やさないコツ

首

 

首は最も直接エアコンが当たりやすい部分です。
そのため、直接風が当たる場合は風を防ぐ工夫をします。
ストールは肩から掛けるのではなく、首に巻くようにすれば効果的です。

ですが、お客様の対応などフォーマルな装いを強いられる職種では首にストールを巻くのは難しいかもしれません。

そんな時は、襟付きの服を着るだけでもずいぶん違うので試してみてはいかがでしょうか?

いくら寒いからと言ってカイロなどで温めると逆効果になる可能性があるので注意が必要です。
体が暑いと勘違いして、その他の部分が逆に冷えてしまう可能性があるためです。

・ストールもしくは襟付きの服を着てみる

お腹を冷やさないコツ

massage

お腹を冷やさないためには、まず腹巻が一番です。

「オフィスで腹巻・・・」

何となくイメージが湧きにくいですよね。
腹巻と言うと頭からかぶるイメージですが、今はボタンやマジックテープなどで巻きつけるタイプのものも多く売られています。

巻きつけるタイプなら、オフィスについてからトイレでも簡単に着用できます。

薄手のものやお洒落なものも結構
あるので、お気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

もしあなたが手作りが得意なら、冬に着る発熱素材の薄手の下着を腹巻型にリフォームするのもオススメです。

最近の腹巻きは結構オシャレ

足首を冷やさないコツ

ほとんどの人がパンプススタイルが定番だと思います。
足元はお洒落の基本、そしてイメージもあるのでなかなかスニーカーにソックスというわけにもいきません

オフィス内では可能であれば、

「足を締め付けないノンヒールのスリッパに、ふくらはぎまであるソックスをはくのが一番」

です。

難しければ、パンツスタイルなら足首のみのサポータータイプのものを見えない部分につけるのがオススメです。

温めるのは逆に冷えを増進してしまう可能性があるのであまりオススメできません。

どうしても我慢できない時は湯たんぽや足もと用のホットカーペット、フットヒーターなどを使用すればいいでしょう。
ただし、血行を良くするためにほんのり温める程度にとどめておいてください。

カイロや湯たんぽなどで必要以上に温める行為は冷え性対策には逆効果

注意するべき食べ物・飲み物?

NG

カフェイン

温かいものでも逆効果です。

コーヒーやお茶などカフェイン飲料ばかり?
いくら温かくても、カフェインは利尿作用があり冷えの原因になってしまうので注意が必要です。

アイスコーヒーならなおさらですね。

砂糖は体を冷やす

またドリンクに砂糖を入れたり、ジュースなどの甘いドリンクも同じく体を冷やしてしまいます。
糖分を摂取することで、血糖値が上がりそれを下げるためにインシュリンが分泌されるため、体温を下げてしまうためです。

甘いお菓子にも同様のことが言えるので注意しましょう。
これらを踏まえて冷えを和らげるためには、ノンカフェインかつノンシュガーの温かいドリンクがいいでしょう。

白湯・ハーブティーなどがおすすめ

コーン茶や黒豆茶、ルイボスティ―、そば茶など、もちろん簡単にお白湯でもいいですね。
オフィスの冷房ですぐに冷めてしまっては効果が半減されるので、保温機能付きのカップを使用するのがオススメです。

効果的に体を動かすには?

オフィスでずっと座っていると、血行も悪くなってむくんだりしがち。

仕事場・オフィスで一日どれくらい歩きますか?

冷えを予防するためには、少しでも運動をするようにしましょう。
とはいえ、仕事をしながら突然オフィスで運動を始めるわけにもいきません。

座りながら簡単にできる方法としては、

まず座ったまま足を思いっきりつま先立ちして10秒キープ。

次につま先を上にあげてアキレスケンを伸ばすように10秒キープ。

最後に足を揃えて床から浮かせるように10秒キープ。

気が向いた時にこれを1セットとして行えば、足もとからぽかぽかしてきます。
またトイレに行った時には、肩や首を動かしたり、腕を回したりしたらいいでしょう。
軽くストレッチするのも効果的ですよ。

まとめ

air1

快適なオフィスライフを送るためには、冷え対策は欠かせません。

上手に冷え対策を行い体温調節をすることで、体調も良くなり仕事の集中力も増してくるはずです。

お気に入りの対策グッズが見つかれば、それだけで仕事も楽しくなりそうですね。
冷え対策のポイントをおさえて、ぜひ快適なオフィスライフを送ってくださいね。